本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

お金が掛かる病気って知っていましたか?

過食症という病気は、過食する食べ物だけにお金が掛かっているわけではありません。

嘔吐を繰り返すことにより、虫歯になったり溶けてしまったりした歯の治療費。
過食で増えた体重を減らすためのサプリメントや下剤、エステ代金。
嘔吐で浮腫んだ体を回復させるためのマッサージ、整体代。
月経不順や無月経、不妊の治療代。

アルコール依存、ニコチン依存、買物依存になれば、そちらでお金も掛かってきます。
インターネットや携帯電話に依存している人は、沢山の「時間」も費やしていることでしょう。

過食症を治さないということは、
車や家を購入できる位の莫大な金額を、少しずつ、過食や嘔吐で使って行くということです。

塵も積もれば山となる
もう一度、今までに費やした過食のお金を計算してみましょう。

治すことの大切さが実感できるはずです。

*——* *——* *——* *——* *——*

女性 会社員 37歳 B型 長崎県

今日5回目の相談でした。
以下、皆様の参考になればと「過食費」に関して書きます。

発症当初、1回3.000円→最大5.000円と、アバウトに試算していましたが、改めて考えてみました。
私にとっては喫煙も病気の症状の1つです。
病院代・下剤も過食嘔吐の結果、必要になった費用です。

【一番多い過食費(病気に費やすお金)】
1回の過食費:
買い物=1.000円
家の食糧=1.000円
計2.000円

1日の最大喫煙費:
2箱=880円。

1日の過食嘔吐数(最大)6回+喫煙費:
2.000×6+880=12.880円

1ヶ月あたりの過食費+喫煙費:
12.880×30=386.400円

1ヶ月の下剤費:
1.000円

1ヶ月の診察+薬+交通費:
3.900円

1ヶ月トータル(現状最悪時):391.300円

1年トータル(現状最悪時):4.695.600円
※経年増加により、これ以上になる可能性大。

ゆっくり自分と向き合い、数値化することで1回目の相談時よりもリアルに過食嘔吐の怖さを感じました。
漠然とした怖さを以前から感じていましたが、今やっと向き合えるようになってきました。そして、自分を責めすぎないようになってきました。
これからも、自分で気づけた変化に敏感でいたいと思います。