本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

「お前はキチガイか!」

過食したり、意図的に嘔吐したりする行為は、きっと傍から見ると異常な行為でしょう。

過食や過食嘔吐の症状は本人の体だけでなく、家族や友人との関係も破壊していく可能性があります。

*——* *——* *——* *——* *——*

女性 主婦 40歳 A型 東京都

拒食になったのは15歳の時です。
たべない私に母はヒステリックに毎日怒鳴り散らしました。
食べるようになると毎日大量のオヤツを買ってきてくれました。とても喜んでくれました。
私は毎日沢山食べました。
今度は過食になりました。

母は「いつまでオヤツを買い続けなければならないんだ!」「冷蔵庫が空だ!家計をくいつぶすつもりか!」と怒鳴りました。私は自分でもどうしていいかわからず、万引きもしました。

夜、親が寝てから、お餅を大量に焼いていると、母が起きてきて叫びました。
「お父さん!見て! またこの子があんなことをしてる!」
父が起きてきてこう言いました。
「お前はキチガイか!」

二人して、なんで何度言ってもそんなことをして、親を苦しめるのだ と私をしかりました。
私はどんどん隠れて食べるようになりました。毎日と言っていいほど泣きました。
母は祖母にも泣きながら相談しました。
祖母も「なんでお母さんを苦しめるんだ?」と言いました。
私は家を出ようと決意し、20歳で上京しました。

しかし過食は続くどころか、使えるお金が出来た分悪化して行きました。
今は母は、離れているからか帰省してももう何も言いません。
過食のことも話したことがあるので、理解はしていると言います。
しかし、やはり「吐く」とか「過食」という言葉を口にすると目を背けるというか、嫌そうにします。
私はそれがとても悲しいです。

過食を理解したといってくれているけれど、本当の私を見ようとしてくれていない。
今でも母に対して「ぶち切れる私」の夢をみます。
今は怒鳴られることも何もないのに、なぜそういう夢を見続けるのか、わかりません。
でも、母との関係を思うと、今も心の奥が痛いです。