本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

過食嘔吐の口腔内事情

女性

15年になる過食症によって歯がボロボロ。

また歯が痛くなった。

夫にもさすがに呆れられそうで、無い歯があることとか、言えなかった。

歯科にも、このボロボロの歯を呆れられている気がして、痛くても行きたくなかった。

でも、今までみたいに、痛くなったらそのつど違う歯科に行くのをやめようと思った。
きちんと治して、無い歯もなんとかしよう、って思った。

夫にも話して、歯科に行った。

通っていて信頼できる歯科医師だと思っていたから、思いきって病気のことを話し、きちんと治そうと思っていることを話し、治療の方向性も話し合った。

理解してくれ、大丈夫、って言ってくれた。

病気と一緒に歯もしっかり治していこう。

歯さん。
今まで見て見ぬふりしてきて、酷使して、本当にごめんね。
ここまでもってくれて、ありがとう。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。