過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

仕事も泣きながら

女性 会社員 31歳 B型 東京都

きっかけは中学2年のダイエット。

ちょっと太めだったことは気にしていたけれど、お正月後の体重測定で最高体重になり、
保健室の先生から「お餅好きなんだね」と言われたことが引き金に。

徹底した食事制限で半年で8kg減量し38kgに。
「華奢だね」と言われるようになった。

勉強や生徒会活動では結果を出したけれど、勉強第一で休日友達と遊ぶことが無くなり親友はいなくなった。
とうとう初潮がこなかった。ますます身体のコンプレックスが強まった。

高校は進学校へ。勉強で挫折感を味わうようになった。
部活は「始めたらやめてはいけない」という気持ちで取り組んだので苦しいだけだった。
年に数回の試験休みのとき、菓子パンを1,2個買って帰り過食嘔吐するようになった。

大学になると益々勉強が辛くなった。
夜間のバイトの帰りにコンビニ巡りをし、菓子パンと飲み物を買いあさり、
車内で食べて帰宅して家族に隠れて嘔吐するようになった。

一人暮らしをしたら無くなるのではないかと試したが、改善することはなく、1年で実家に戻った。
うつ状態になり、涙を流しながら授業を受けるようになり、精神科を受診し医師のカウンセリングを受けた。

消化器症状も辛くなり漢方内科を受診、過食症のことも打ち明け抗うつ薬やうつに効く漢方薬も処方してもらった。
この先生達は支えになった。

家族や彼氏、友人にも打ち明けた。

でも、彼氏に「今吐いていて苦しい」旨のメールを送ったら
「何も出来ない自分が情けなくなるからやめて欲しい」と言われ、隠すようになった。

両親は、病気のことを受け入れたくないようだったから隠すようになった。

友人に、「面白がっているんじゃないの」とメールしてしまい、絶交された。

今でもすごく後悔している。

どうにか卒業し就職、上京。
仕事のプレッシャーでたちまち過食嘔吐再開。

帰宅後夜中にかけ過食嘔吐し気持ち悪いまま仕事へ向かい、集中できなくてますます自分を追い込んだ。
休日は1日に2,3度やることもあった。

就職して4年目、改めて精神科受診、心理士のカウンセリングを受けた。
改善傾向は見せ2年くらいで卒業したけれど、再燃。

3年前に結婚し、夫といる時間が多くなったので頻度は減った。
しかし夫が夜勤の日や数時間遅く帰る時に、待ってましたとばかりに過食嘔吐することは続いた。

1回に食べる量が増えていった。

1年前くらいから消化器症状が悪化し、胃もたれ、ゲップ、吐き気がおさまらなくなり、
内科受診、内視鏡検査で逆流性食道炎と診断。下剤、胃薬を常用するようになった。

普通食嘔吐も始まった。

仕事も泣きながらその場凌ぎでこなすようになり、退職も考えた。
どうにか夫の支えがあり持ちこたえたが、もう限界だと思い、このセンターにたどり着いた。

1年前から不妊治療を始めているけれど、過食嘔吐が中途半端な状態で続けてはいけない、と気づけた。
克服して、明るい未来を掴みたい!