本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

食欲で食べているんじゃない

過食で太ってしまった。

痩せたら、解決するのでしょうか。

根本を何とかしなければ同じことの繰り返しです。

(以下相談者の体験談です。)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 会社員 33歳 東京都

過食をきっかけにムクムクと太った私。
鏡や写真に写る自分の醜さに「食べる量を減らさなくちゃ…」何度思ったことでしょうか。

電話のたび母親からは「体重はどう?」と聞かれ、離れて住んでいた父親と久々に会えば「なんだその身体は!?父さん、ショックだ…」。
親に悲しい思いや心配をさせているのだと、心底辛くなりました。

そして父は100万円という大金をわたしに貸してくれました。
タクシーの中に置いてあったチラシを見て、エステと食事指導がついた「渋谷DSクリニック」という所へ行きたいと、私が強く希望したからです。

そこでは、栄養士さんによる食事指導、身体の各部位と体重の計測、代謝を良くする注射、セルライトを潰すマッサージ、そして先生との簡単なカウンセリングを経ての食欲抑制剤や油を強制的に排出する薬の処方をしてくれました。

ただ、初回で先生から「こんな食事であなたは妻になり、母になるつもりですか!」と一喝され、号泣。
その後は怒られるのが怖かったので、計測日直前になると食べずに我慢して行く、といった具合。

しかも食事抑制剤や、強制的に油を排出する薬を飲んでも、気持ち悪いな、と思ったくらいで食べる行為は止まりませんでした。
それで「私、食欲で食べているんじゃないんだ…」と再認識したのです。

けれど痩せた事は嬉しい事でした。今はそれが「擬似高揚」「完治幻想」だったのだと思います。

過食に走ることを抑えた私は、何と衝動的に買い物に走るようになりました。
理由は「痩せたから、もう太らないためにピッタリした服を買うの。」。

振り返って冷静に考えれば「おかしい」以外の何でもないのですが、私は瞬く間にカードの限度額いっぱいに、買えるだけのものを買ったのです。

…そして、無理矢理痩せた後に待っていたのは、予想を超えたリバウンド。

後に残ったのは過酷で膨大な毎月の返済と、着られなくなった服たち。
自転車操業のように借りては返すを繰り返し、余裕を見つけては高い置き換えダイエット食品や効果のない痩せ薬を通販で買いつづけたのです。

きっかけになったのは結婚でした。女性が最も美しく輝くべき日を、私は全く納得の出来ない気持ちで迎えたのです。

式の前日に、過食。

当日ドレスが着られるかどうか、本当にドキドキしました。

心底自分が嫌になりました。お金もない、自信もない。…この状態を正常にしたいと思い、今踏み出したところです。