本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

ずっと続いてきた過食

女性 自営業 50歳 AB型 長崎県

過食嘔吐が発症したのは、18歳。
就職した先でなれない環境、人目が気になり食堂でご飯が食べれず拒食状態、仕事は肉体的にハードで58キロの体重が半年で47キロになりました。
でも体は食べ物を要求し、寮で誕生会かなにかで食べたときにお酒ものんでとても気持ち悪く楽に吐いてしまってから、過食嘔吐が始まりました。

19歳で結婚。
寮をでてからも主人に隠れて食べては吐いていました。
初めての妊娠が5ヶ月でだめになり自分のせいと思いつつやめられず、2度目の妊娠中もこわごわ続けてしまいました。
でも子供の事を第一に考えることが出来ず食べ物を買うためキャッシングにまで手を出す始末。いけないと思っても出かけてはゲームセンターで遊び惣菜やファストフードを買って帰りたべていました。

娘が生まれてからも、主人は仕事柄夜勤が多く、いつも母子家庭のようで寂しかったです。
子供のころからいつも寂しくて胸にぽっかり穴が開いていてそのせいで食べちゃうのかなと思っていました。娘が1年生になったころ、アダルトチルドレンの本を見つけ、自分はロストチャイルドであることを知り、それから、ずっとなぜ自分はこんなに生き辛いのか、理由を探していました。
いつも死にたい、自分が生きているために経済的にも環境的にも負担をかけて、良い妻にも母にもなれず、自分がゴミのように思えました。

30代になって家計が破綻しそうになっても食べることをやめられない、主人に話して何度もお母さんに助けてもらいました。でもまだやめられない。
40代になっても。仕事も半年ぐらいで転々と変わり、ご近所付き合いとか親戚付き合いとかがまったく出来なくなって、うつ状態になっていました。
友達と呼べる人もいない、自分のやりたいことでさえ続けられないこの病気さえなければもっと違う本当の自分を生きられるのに、と思うようになっていました。