過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

怖い過食嘔吐になって

36191 過食嘔吐になって 2006/10/17 19:56
女性 学生 22歳 A型 京都府
私が過食嘔吐をはじめたのは、13歳のときです。
その時は、それが病気だなんて知らなかった。
ただ、平均よりも太めで、そのことを言われることをとても気にしていて、いつもこんな自分やめたいと思ってた。
死にたいくらい嫌だった。

はじめは毎日じゃなくて、月に2回日くらい。それなのに、頻度がどんどん増えていって、いつのまにか毎日になっていた。
そのうち、1日中食べることばかりを考えて過ごすように。
他にも楽しいことや、しないといけないことがたくさんあったのに。頭おかしいんじゃないかって思いながらも、
やめられずに、苦しい、苦しいって毎日思って、意味もなく過ごしてた。
体重はどんどん減っていったけど、過食嘔吐はどんどんひどくなっていった。見た目が綺麗でも心はぜんぜん綺麗じゃない。

症状がひどくなったのは、大学に入ってから。高校の寮生活後、大学はひとり暮らしで勉強をしてアルバイトをして・・・
毎日がストレスとの戦いで、過食嘔吐をそのはけ口にしていたと思う。アルバイト先で失敗して怒られることが多くて、それもストレスだった。
短大卒業する年、大学に3年次へ編入することを決めた。合格するために塾にも通って1日中勉強してた。そのときには、
過食嘔吐する時間がもったいないと思って、試験前には食べることが怖くなって拒食症に。こんにゃくしか食べられなくなってた。
こんにゃくは太らないって分かっているのに、食べ過ぎると気持ち悪くなって、トイレに直行。吐いた後もトイレから動けないでずっと泣いてた。
また悪循環。動けないことは分かっているから、時にはトイレに勉強道具を持ち込んで勉強していたことも。

あるとき、もう耐えられなくて、勇気を出して学校の相談室に行った。紹介してもらった心療内科に通って、精神安定剤をもらって生きてた。
先生は「ストレスですね。」って。でも、過食嘔吐してることは言わなかった。言えなかった。そんな事言ったらどうなるんだろう・・・
人と会うのが怖かった。過食嘔吐をやめたら、元の体重に戻るんじゃないか・・・?戻りたくない、そうなったら生きていけない。でもやめたい!

思いつく限りの行動とダイエットをしたよ。
今思うと後悔してる。もっと違うダイエットをするべきだったんだ。ずいぶん時間は経ってしまったけれど今からでも遅くはないよね??
もう過食嘔吐はおしまい!
もっと違うことに時間を使って人生楽しみたいよ☆(*v0v*)
もう社会人になってしまうから、来年には持ち越せない。
過食嘔吐は魔法の病気だね。
どんなに頑張ってやめようとしても、やめやれなかった。
でも、みんなに出会えてまだちょっとの時間だけど、今はやめられてるのがすごいと思う。あせらないで、ゆっくり完治して行こう!!(*^-^*)