本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

過食症がどんなに怖い病気か 

女性 主婦 30歳 A型 群馬県
14歳のときに拒食症になりました。当時身長154センチ体重25キロという死の直前の状態になりました。
15歳になってようやく食べられるようになりました。でも食べ方が異常でした。この時点で過食に移行していました。でも医師は「体重を増やす為に必要な事だから問題はないよ」とおっしゃりました。

でも標準体重になっても過食は止まりませんでした。ただ拒食症は治癒したと診断され通院は終了しました。
そのまま16歳の時には身長156センチ体重が72キロまで達しました。これは嘔吐なしの過食のみの症状なので当然の結果です。
このままでは成人病になると思いダイエットをはじめました。
◎この時点で太っている醜い自分がとっても嫌いになっていました。
◎そしてここまで放置した医師と両親を呪いました。
◎太っているコンプレックスで何事も消極的で人に対して壁をつくり、常に孤立感と孤独感を感じる様になりました。
母親の協力のもとダイエットを始めましたが過食でリバウンド。全く成功しませんでした。
大学進学とともに一人暮らしを始めると、ダイエットは更にエスカレートし、一時期1ヶ月で10キロほど減らせましたがまた過食が再発し減量も思うようにできなくなりました。
両親の仕送りだけではダイエットと過食の費用がまかなえなくなりバイトを始めましたがそれでも足りずローンを組み間始めました。
この頃やっていたダイエットはエステと健康食品です。ローンは社会人になってさらにエスカレートし、最長の返済計画なのに合計で月々8万近く返済に迫られるほど何社ともローンを組んでいました。
◎ダイエットと過食の繰り返しで減量できない自分に「なんて意志の弱い人間なんだ」と年々自己評価が落ちました。
◎ダイエット依存になり数百万円の借金をかかえることになりました。
◎多額の借金と治らない過食の恐怖から将来が見えなくなり自暴自棄になりました。
会社ではこれらの不安を少しでも考えない為に、そして世の中で一番下等な自分が犠牲になることで安心感を得る為に睡眠時間3~4時間で15時間労働の責任ある仕事を6年間続けました。
◎当然心身共にボロボロになりました。でもおかげで少し痩せました(やつれましたが正しいかな)
◎週末になると張り詰めていた気持ちがほどけ、結局過食をしていました。過食後は酷い自己嫌悪となりそんな人生がもう嫌になっていました。
◎「いつ死んでも良い」と思ってはいても両親に迷惑をかけたくない、どうせ死ぬ勇気なんか無い事がわかっていてそんな自分を情けなく思い更に自己嫌悪になり最終的には「世の中で自分が一番最低な人間だ」と考えるようになりました。
だからどんなに評判の悪い人にも優しく接する外面的には「誰にも優しい人」と言われる様になりました。
◎おかげで絶対弱みを見せられない立場の上司(役員)にまで悩み相談をされ、不倫関係となりドロヌマの結末を経験しました。
私にとってこの病気で一番怖いと感じたのは過食の症状からきた「心のゆがみ」でした。
きっとこのセンターに出会えなければ命を絶っていた危険性があったと思います。
本当にこのセンターに、みんなに出逢えて良かったよ!
みんな本当にありがとう☆