本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 拒食

摂食障害の核の部分を見つめるために

女性 会社員 34歳 岩手県

15年過食嘔吐に悩んできたました。

今まで:一日3~4回の過食嘔吐、その他にも車の移動中などにも計5~6回
一日の過食費:5~6千円

最初はダイエットからの拒食に始まり、嘔吐なしの過食で80キロになり、嘔吐を覚え、最低体重39キロまでと身体的にはかなりのショックを与え続けてきたと思います。

精神科・心療内科にも通院してましたが、そもそも摂食障害に無知な医者への不信感があり気休めでした。

今は「抵抗」/「防衛」期がおさまり、少し書いてみようかという気になりました。

私にとって過食嘔吐は症状として表面化されているのは過剰な「摂食」という行為なのだけど、その都度その都度で「すり替え」されている感情(すり替えしなければ心つぶれてしまうからなのだけど)が必ずあって、それを肉体的・心理的な「空腹」のストレスと置き換えて「解決」「処理」した気になっている、というところがあります。

現在は慢性化してその感覚さえも麻痺して、機械的な行為になっているところもありますが。

「すりかえ」されている以上それは問題の回避・迂回であって、それは嘘だから嘘の処理の為の摂食が「過剰」になる、という連鎖。
満たされない・・・。

問題の「核」を直視しないと、その周りに強力な「磁場」のようなものが出来て何重にもズラされていく・・・といった感じ。
これが「抵抗」なんじゃないかと思う。

怖くても、痛くても、「核」を直視しよう。
そう思えたのはここにいるみんなが居るから。
みんなに心からのありがとうを。
また書きます。

過食と拒食を繰り返し、リバウンドしやすい身体になった

女性 無職 石川県
わたしは過食症になって約1年です。
全ての始まりは高3のとき…
ダイエットと人間関係のストレスで拒食症になりました。
ガリガリに痩せて体力もないし精神的に不安定で
入院もしました。
卒業してから自動車学校に通い始めました。
ガリガリなのに難しいMTに乗り、周りの人にも交わる
ことができずに凄く孤独を感じ不安定でした。
精神的な部分と慣れない運転での疲れからか今まで
避けていたコンビニで菓子パンを何個も買って
食べてしまいました。
そのあとは罪悪感に襲われ悩みました。
だんだんと自動車学校にも行かなくなりました。
また過食することが怖かったのです。
それからはご飯1合とか食べたり、
冷蔵庫の中を漁ったり…家族に迷惑をかけました。
食べたいから祖父の家に行って買ってもらったりして
とても意地汚かったです…
体重は2週間で4キロ増という早さでしたが、
周りは今まで食べてなかったから…というくらいにしか
考えていませんでした。
つい最近までは過食→太る→食事制限→軽く拒食→
ストレス→過食の繰り返しです。
だからちょっと痩せても短期間でリバウンドして
しまいます。過食ってこわいです。