本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 拒食

拒食で30キロ以下に。いつからか過食嘔吐へ。

女性 会社員 22歳 O型 埼玉県

私はこの3年で拒食と過食を経験しました。
そして、この3年(特に拒食の約6ヶ月)の記憶を
思い出そうとしても細かく思い出せません。
頑張って思い出してみます。

当時付き合っていた彼にデブと言われ
頑張って頑張って痩せました。
痩せた姿を見た彼は「気持ちわりーよ」と言ってきました。
その彼とはその後別れましたが、もっと痩せようと思い、
体重が30kg以下になった頃、売春を経験しました。
お金はなかったけど、困っていた訳ではなかったです。
街を歩けばすれ違った人に「細っ!」と言われ
それが嬉しかったのかもしれないです。

その頃は歩いていれば何もないところで転び、
階段も登るのに苦労して、スーパーに行けば疲れて
家に着くと車から降りる前に車で爆睡していました。
それから親に病院に行けと強く言われ、行ったものの
自分には合わず、行くことを辞めました。

きっかけは覚えてないのですが、
いつからか過食嘔吐になっていました。
過食嘔吐は2年以上続いています。
嘔吐しているのに全部吐き切れていないのか
体重も17キロくらい増えました。
親にも迷惑を沢山かけています。
それがわかっているのにやめられない。
やめたらどれだけ人生楽しめるか。

気持ちに余裕もなくなりますし、時間、お金
全て無駄遣いです。
性格も変わったと思います。
1日でも早く治したいなと思っています。

痩せる快感で失った楽しいはずの生活

女性 自由業 27歳 O型 京都府

初めは高校2年生のときです。家庭の問題や学校の人間関係の悩みで急にごはんが食べれなくなりました。小さいパンだけでも吐き気がしていました。
どんどん落ちる体重に、私は痩せていく快感が嬉しくてそのまま痩せていきました。

でも痩せていくうちに、痩せる=愛されると勘違いして、今度は太るのがすごくすごく恐くなっていきました。
どんどん食べれなくなって同時、身長158㎝、55㎏あった体重は2ヶ月ちょっとで42㎏まで落ちました。Dカップあった胸はAカップもないぐらいまで胸がなくなって胸板の骨が出て本当に貧相でみすぼらしい体になりました。(今その余韻が残っていて標準体重になっても胸板だけが不気味にガリガリです。)
それから生理は1年間止まり、生理不順になりました。

でも自分の身体がガリガリで細過ぎるっていうことに気付いていませんでした。
鶏ガラのような足もまわりの人たちが気味悪がっていたのに、それが分からず、この細い足が愛されると思い込んでいました。

本当に痩せていくうちに一般的な理想の体型の常識が完全に麻痺していきました。

本格的に拒食症になった私は腰やお尻に肉がないので寝ると骨が直接薄い皮膚に当たって痛くて寝れないんです。
過って転んだときの骨に当たる衝撃もすごくて、身体中に響いてひどい傷みでした。

自分がガリガリでおかしいと気付いたのは体育の授業のときです。バレーボールをしてボールを打ち返したとき、その一瞬で親指が複雑骨折になりました。
拒食症になって身体も骨もスカスカでボロボロになっていました。

こんな危機的な状態まで痩せても、ガリガリの自分の姿に慣れてしまい、また痩せないといけないという強迫概念で痩せる事が止まらなくなっていました。

現実の危機的な姿や、ほんとは心も身体も苦しいのにそれに気づかなくなって、痩せることだけが生きる全て、愛される全てと思い込んで、ずっと自分の体を知らず知らずの間にすごく痛めつけていました。
摂食障害になって10年目ですが、私の青春や、せっかくの若くて元気ハツラツした日々は摂食障害で台無しになりました。ほんとに恐ろしい病気です。

感覚も麻痺してしまう過食嘔吐

女性 無職 29歳 B型 埼玉県

16歳の時に拒食症になり、体重30kgになりました。
毎日フラフラで体育の授業もまともに受けられない状態でした。脂肪がないため常に寒くて、真冬は本当にしんどかったです。
その2年後に今まで抑えていた欲求が爆発し、過食嘔吐をするようになりました。
現在11年目ですが、年々悪化し、過食して吐いてまた過食して…の繰り返しで、今では1日1万円を使うことも少なくありません。
食べ物に関してだけはお金の感覚がおかしくなり、貯金もほとんど残っていないのに買うことを止められない…そんな日々が続いています。
むくみや倦怠感もひどく、人と会うことも極力避けるようになりました。
お金を払って不健康を買っている…そんな異常な日常から抜け出せず、毎日のように「辛い」「苦しい」と感じ、涙が止まらなくなることもあります。

いくら後悔しても、いくら「止めよう」と決心しても、止められない…
何のために生きているのか分からなくなることもよくあります。

このセンターと出会い、
この病気の本当の恐ろしさを知ることができ、
悩みを共有できる温かい仲間の存在を知ることができ、
「治したい」という思いが強くなりました。

この病気ときちんと向き合い、がんばって克服したいと思います。