本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 過食嘔吐

たくさんの大切なものを失ってしまう過食症

女性 会社員 35歳 O型 埼玉県

18歳の頃、初めて彼氏が出来ました。恐らくその頃からだったと思います。
今まで成功したことのなかったダイエットが成功したかな見えたのは…

幼い頃から太っていることでいじめられたりすることも少なくなかった私ですが、はたから見れば、何を言っても傷付かないような明るい子供だった、そう装ってた自分がいました。本当は人から言われること、人の思っていること…普通の子より敏感に感じ取っていたはずでした。それは愛されたい、ただその一心だったように思えます。嫌われたくない、そんな気持ちから自分の本当の気持ちを表に出すのが怖くなっていたのだと思います。

中学生の頃から、心に問題は抱えていました。リストカットもその頃からしていました。嘔吐はなかったにしても、過食の症状は少なからずありました。
18歳、痩せると色々なことが変わりました。
好きな服が着れる、褒められる、彼氏ができる…プラスなことがたくさんありました。
太ることは今後あり得ないと思いました。

痩せて、まずは脈が少なくなりました。
やる気や気力がなくなり、ぼーっとすることも多くなりました。

母が心配し、循環器内科や色々な病院へ行き、色々な検査をしました。しかし、どこへ行っても原因不明。
症状が酷くなるにつれ、最初は心配していた母も、軽蔑するようになりました。
意志が弱いだけと…父や兄には理解はなく、居場所がなくなった私は家を出ました。それから水商売を始めました。痩せているからお客さんからチヤホヤされ、それが心地よかったのかもしれません。そこでお酒を覚えました。男に依存するような時期もありました。

幸い数人の親友とは今でも付き合いはありますが、人との関わりを絶った時期があり、多くの友達を失いました。それと同時に、人を大事にする心も失った気がします。人を信用したら頼ったり…それが今も出来ずにいます。仕事もながく続かず、それが仇になり、今も転職活動がうまくいきません。何より自信がありません。自分に何ができるのか、また過食に翻弄され、逃げ出したくなるのではないか怖くてたまりません。

失ったものは、友達や大切な時間、青春、親や親戚との関係。一番リアルなのはお金です。1日1万円使うことも少なくありません。それが18年…考えただけで恐ろしいです。万引きこそ経験はありませんが、それに近い感情がないわけではありません。むしろあって抑えるのがやっとなくらいです。お金を稼ぐために風俗でも働きました。この病気になって、失ったものしかありません。自分の本当の気持ちすらもうよくわからなくなってしまっています。これが最後のチャンスという気持ちで、今回は本気で治したいと強く思っています。

同じ経験ありませんか?過食嘔吐の影響

女性 主婦 29歳 B型 岡山県

体重が減る一方で,顔がむくんでパンパンに。
胃の中を空っぽにしようと,ひたすら吐き,苦しくても吐き,なかなか出てこないせいで力を入れてしまい,目の血管が切れてとても痛かった。
休みの日は,1日中食べては吐いての繰り返し。
食べ物を買わなかったら服など好きなものをもっと買えるだろうにと思いながらも食べ物に消費されていくお金。
吐き終わったらやってくる倦怠感。
それでも食べずにはいられない。
自分が嫌になる。
誰か助けてと叫びたい。
でも,できない。
痩せたい が支配していく。
いったい自分のベスト体重は何キロなんだろう。
いったいどれだけ食べるのが普通なんだろう。
わからない。
なにもかもわからなくて,ぐるぐるぐるぐる。
太るぐらいなら死んでしまいたいと思った。
全然幸せじゃない毎日を過ごしていた。

どんなに病歴が長い人がいても、自分だけは意志で治せると考えていた

女性 会社員 25歳 B型 長野県

気が付けば早4年、これが病気だと知った当時は、病歴××年という方々が世の中に大勢いることを知っても、自分は数ヵ月で、自分の意志で治せると考えていました。過食嘔吐が病気だということを受け入れるまでに相当な時間がかかり、その後は、意思でコントロール出来ないのだということを自分に言い聞かせるのにかなり苦労しているという感じです。
未だに、自分が甘えているだけなのだという考えと、いや、病気だからコントロールは出来ないんだ、を行ったり来たりしています。
過食嘔吐になって失ったものは健康と時間とお金。そのかわり、親との関係性や抑圧されていた自分自身のことに気付けたり、その他得たものもありました。
ただ、もう必要なことには気付けたのだから、今度は失ったものを取り返していかなければと感じます。
過食に引きずり込まれて私のかけがえのない未来まで失いたくないと強く思います。