本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 過食のみ

発症して1年。失ったものは、自信と意欲と貴重な時間

女性 会社員 26歳 O型 東京都

ダイエットをきっかけに吐かない過食症を患って1年が経ちました。
初めの方の過食は週に1回程度だったのが、回数はどんどん増え、気づけばほぼ毎日。太っていくのが恐くて毎日が不安で、自分はなんて意志が弱いんだろう、痩せている人は食欲なんて理性で押さえ込んでいるはずだ、と自分を責めました。後に自分が過食症という病気であることに気づき、その考えは改めましたが…。

摂食障害になってわたしが失ったものは、自信と物事に対しての意欲、貴重な時間です。
我を忘れて片っぱしからものを食べていく自分の姿は絶対に誰にも見られたくないし、その度に自分が後ろめたいことをしているような気持ちになります。仲の良い友人と表面上は楽しく話していても、誰もわたしが過食していることは知りません。まるで自分が隠れていけないことをしているようで、自信がなくなり、孤独感は増していきました。
また、たくさん食べた後は束の間の幸福感で何もかも忘れられます。同時に食べること以外に対して意欲がなくなり、好きな趣味ですらやる気が起こらず、その日1日を無駄に過ごしてしまいます。そんな日は誰かと会っても明るく振る舞うのすら億劫に感じてしまうのです。
思考力や判断力もにぶり、ぼうっと過ごすことが増えました。

もし過食症を患っていなければ、食べていた時間、無気力でいた時間をもっと他のことに回せていたのではないか。色々な場所に行ったり誰かと新しい物事に取り組んだり、充実した日々を過ごせていたのではないか。相談を受けて自分を客観視したことで、そんな風に考えるようになりました。

何度も抜け出そうとしたけれど、ふとした拍子に出てきてしまう過食衝動。時間がかかったとしても絶対に治して、失ったものを取り戻したいです。

拒食症に戻りたい

女性 自由業 24歳 O型 東京都

拒食症と過食症を何度も繰り返していますが、私は過食のほうが辛いです。過食は自己嫌悪になり、身体はむくみ、人前に出られない。自意識過剰になり常に人に見られている気がして外に出るのが怖くなります。お金はなくなる、何も良いことがありません。両親に勇気を出して言っても、金の無駄だ辞めろとしか言われない。自分でも辞めたいと思っているのに辞めることができない。そのイライラでまた過食をする。繰り返してばかりです。
拒食症の時期は生き生きしています。身体も軽いし、活発に動けます。しかし、人前でご飯が食べれないので外食もできなく、友達付き合いが悪くなりました。病的に痩せて周りから指摘されたことにイライラしてますます食べなくなります。でも自分の気持ちとしては拒食症のほうが楽です。戻りたいとも思ってます。摂食障害を治すのが怖いとも思ってます。過食症は治したい。拒食症に戻りたい。こんな気持ちで病気と向き合うことができるのだろうか。

被害妄想で人間関係が希薄に。

女性 会社員 25歳 A型 神奈川県

非嘔吐過食を発症し、多くのものを失いました。
食べ物に費やすお金や、寝る間を惜しんでまで過食するための時間、そして体形のせいで出来なくなったオシャレに、精神的なダメージ。逆に得たものは一つもありません。

実家暮らしのため、家族の目を盗んでこっそりと冷蔵庫や戸棚を漁り家中のものを食べつくし、仕事や外出の帰り道には家に着くまでコンビニをはしごして食べ歩きます。
食べたい、でも食べちゃ駄目だ。そんな葛藤から商品を手にとっては戻し、お店の中を何往復ももウロウロ。結局は欲求に負け、お菓子やパンを大量に買い込みます。はたからは見れば変な人。同じ病を患っている人からすればすぐに摂食障害だと気付かれるでしょう。

休日は特に過食欲が強く出ます。家に誰もいなくなると歯止めがきかなくなるため、一人にしないでほしい…でもいざ家族が家にいたりすると、「過食したい。一人にして。」と、矛盾した感情で段々とイライラが増し、結局は家族に当たって必ず後から後悔します。

過食症を発症する前まではオシャレをして家族や友人と出かること、旅行に行ったりすることが生きがいだったと言っても過言ではありません。
ですが今となっては「こんな醜い自分を見せたくない。影で太ったと言われているんじゃないか。」という被害妄想でせっかくの友人の誘いをドタキャンしたり、家にいる時間が長くなりました。

失ったものを挙げはじめるとキリがありません。こんな生活が続けば友人や職場との信頼関係も崩れ、自分には何もなくなってしまうことが容易に想像つきます。
それなのにやめられない過食。もしかしたらやめたくないのかもしれないとまで思い始めました。
今まで、誰か助けてほしいなんて他力本願してばかりでした。でも結局は自分自身の本気で病気を治したいという意志が無ければどうにもならないことに気付きました。
こちらでの相談をきっかけに、少しでも改善できたならと強く願っています。