本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 下剤常用

私と下剤

女性 会社員 39歳 A型 大阪府
おはようございます。皆様。
昨日は、尻切れの書き込みで去ってごめんなさい。あれから思いっきり泣いた。
どうせ1人やし、だーれも居ないので声だして
「わーん、わーん」子供の時の泣き方やなーあれは・・・でもスッキリしたわ。うん。
今まで書いて無かったけど、勇気を出して・・聞いて下さい。
私の身長は155cm体重は29㎏から30㎏の間をうろうろしてる。
想像つきますよね?そうガリガリ「まさにガイコツ」です。
だから本当は、下剤なんか必要ない。身につけなあかん
「死」との背中合わせです。
一時は27㎏ぐらいまで落ちた。手、足は冷たく仮死状態です。
そして、出先で倒れた。大きな病院に運ばれ、血圧をはかりながら点滴を受ける。
あがらなければ・・・きっと死んでた。その後、大きな病院の心療内科など転々とした。
どこも受け入れてくれない。たらいまわし状態。ようやく大阪市大が受け入れてくれた。
暫くは通院したものの、嫌になっていかなくなる。たまに「親と一緒にこい」といわれ
父親と一緒に行ったこともある。そのときお医者さんが「このままやったら、あきらめてください」と言ったらしい。(後で聞いた、ぞっとする)
でも、そのときは、最悪の状態だったので1日中喰い吐きして、下剤も大量にのんでたし
「死んだらえーねん」そう思ったときもあったし・・・
この体型ではただのカゼも危険な状態。先日(ここに来る前です)もカゼひいただけで
肺に陰ができて呼吸困難をおこす。
そのとき、夜、突然、胸が苦しくなって息ができなくなった。
真剣、死ぬかと思った。
そして、ここをしり 「今の私。」
本当に、過食嘔吐、下剤乱用、激やせ。この病気は怖い。と改めて思う。
ここにきて私は、過食は止まったものの、下剤は、はなせない。
昨日の夜は、飲んでしまったけど、昨日の母との件もあり、さすがに今朝は飲めなかったそしてポーチに入れてる下剤を、朝から入れたり、出したり・・自分でも妙な行動やと思う 。