本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : エステ

人の思考を歪ませ、狂わせる(岐阜県21歳)

44790 過食症になって 2007/06/06 02:20
女性 学生 21歳 AB型 岐阜県
私が過食症になったのは、思い返してみれば中学校のときだと思います。
別に太っていたわけではありませんが、痩せたい、という思いが芽生え、それと同時に食べたいという思いにも苛まれるようになりました。
学校帰りにはわざわざ遠回りしてパン、お菓子を買っては歩きながら食べつくしました。
そういえばダイエットにいいという薬や食品にもこの頃から手を出し始めました。
もらったお小遣いがなくなると家のお金を抜き取りました。
実際にやったことはありませんが近所の家にお金を盗みに入ろうか・・・と考えたこともあります。
そして、そんなふうに自分の欲求を満たすために周りの人を思いやることができなくなる自分は、なんて傲慢で醜い人間なんだろうと思
われました。
私は人が生きていくうえで一番大切なことは「思いやり」であると今も昔も変わらずに思っているので、なおさら自分が信じられず、
情けなく、恐ろしくさえあります。
皆さんに出会い、この私の最低な行動が病気からきていると知ってもなお自分が許せないし、病気のせいにするなんて甘えているのではと考えてしまいます。
高校の時にはわりと食欲も痩身願望も治まっていた気がします。
でも波があって、ものすごく食べていた時もありました。
大学に入り一人暮らしを始めた頃は本当に寂しくて不安で、それが引き金になったのか過食が再発しました。2、3ヶ月で6kg太りました。
これ以降私は常に食べることと痩せることで頭がいっぱいです。
どんなにお腹いっぱいでもまだまだ食べたいという底なしの食欲と、食べたら太るという恐怖の板ばさみです。
嘔吐を始めたのは昨年9月。確実に実習によるストレスがきっかけでした。
吐くことは絶対に身体によくないことだとは分かっていたので、最初は食べ過ぎてしまった時に吐くという感じだったのですが、
案外簡単に吐けてしまい、聞くほど歯や肌がボロボロになるという実感がなかったため、別に吐いても大したことないじゃん、
と感じるようになり吐くことを前提に好きなものを食べるようになりました。
吐くことができない人と一緒の食事のときには、吸収阻害系のダイエット薬が欠かせませんでした。
過食嘔吐が始まり本格的に経済観念が狂ったのか、エステに通うようになりました。50万もかけてしまい、まだ返済中です。
その他のエステにも何度か行ったことがあるし、これまでに買った薬代も含めたら過食費は相当な額になります。
痩せることができたときは、自分は頑張ってダイエットをしている気でいましたが、今考えるとあれは拒食症に移行していただけでした。
異常なほど摂取エネルギーを抑え動きまくっていました。
本当に少しでも体重が増えることが恐怖だったのです。
痩せたい!と思うあまり健康や美容に関する知識は専門家も驚くほど身につけたので、これほどに意識は高く持っているのに、
食べまくる、吐いてしまう、という不摂生を繰り返す自分に自己嫌悪する毎日でした。
過食症は人の思考を歪ませ、狂わせる本当に恐ろしい病気です。

過食症の治療

女性 学生 21歳 A型 福島県

入院:過食が止まらないから入院してみたけど、周りに知らない人ばかりでも、すぐに慣れてくると戻ってしまった。
病院抜け出して買い食いもできたし、意味なかったな。

カウンセリング:話は聞いてもらえたけど、これが何の役に立っているのかよく分からなかった。効果もない感じ。薬も処方してもらったけど、効いてる感じがしなかった。

催眠療法:2回目行ったとき、すごく嫌で、なんだか分からないけど、すごくその場にいたくなくて、話したくなくて、話を聞きたくなくて逃げだしたくなった。
だから、それきり。「あなたは、プライドが高くて、高校に入って周りが頭がいい人たちばかりで気に入らなかったのでしょう。顔を見ただけであなたが今どう思っているのか私には分かります。」
こんな感じで言われて気に入らなかったのかも。過食ができなくなるのが嫌だったのかもしれない。

エステ:痩せたら過食が止まるようになるかなと思って、大金はたいてエステに行ってみた。最初は効果あり、50kgまでは自力で痩せた。
でもリバウンド。過食が止まらなくなって、エステの効果もむなしく、増加。摂食量減らさなきゃ痩せないよなぁ。

栄養療法:現在治療中。これが高いんだなぁ。保険が利かないからなんだけど。菓子パンとお菓子、ご飯系しかここ何年も食べてなかったから、ひどいタンパク質不足、栄養不足。だからたくさんの栄養入れないと体が機能しなくて痩せないんだって。
信じてサプリメントのみ続けてる。3ヶ月後、痩せてるといいな。もし、効果あったら、また皆に報告するね~♪

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

過食症がどんなに怖い病気か 

女性 主婦 30歳 A型 群馬県
14歳のときに拒食症になりました。当時身長154センチ体重25キロという死の直前の状態になりました。
15歳になってようやく食べられるようになりました。でも食べ方が異常でした。この時点で過食に移行していました。でも医師は「体重を増やす為に必要な事だから問題はないよ」とおっしゃりました。

でも標準体重になっても過食は止まりませんでした。ただ拒食症は治癒したと診断され通院は終了しました。
そのまま16歳の時には身長156センチ体重が72キロまで達しました。これは嘔吐なしの過食のみの症状なので当然の結果です。
このままでは成人病になると思いダイエットをはじめました。
◎この時点で太っている醜い自分がとっても嫌いになっていました。
◎そしてここまで放置した医師と両親を呪いました。
◎太っているコンプレックスで何事も消極的で人に対して壁をつくり、常に孤立感と孤独感を感じる様になりました。
母親の協力のもとダイエットを始めましたが過食でリバウンド。全く成功しませんでした。
大学進学とともに一人暮らしを始めると、ダイエットは更にエスカレートし、一時期1ヶ月で10キロほど減らせましたがまた過食が再発し減量も思うようにできなくなりました。
両親の仕送りだけではダイエットと過食の費用がまかなえなくなりバイトを始めましたがそれでも足りずローンを組み間始めました。
この頃やっていたダイエットはエステと健康食品です。ローンは社会人になってさらにエスカレートし、最長の返済計画なのに合計で月々8万近く返済に迫られるほど何社ともローンを組んでいました。
◎ダイエットと過食の繰り返しで減量できない自分に「なんて意志の弱い人間なんだ」と年々自己評価が落ちました。
◎ダイエット依存になり数百万円の借金をかかえることになりました。
◎多額の借金と治らない過食の恐怖から将来が見えなくなり自暴自棄になりました。
会社ではこれらの不安を少しでも考えない為に、そして世の中で一番下等な自分が犠牲になることで安心感を得る為に睡眠時間3~4時間で15時間労働の責任ある仕事を6年間続けました。
◎当然心身共にボロボロになりました。でもおかげで少し痩せました(やつれましたが正しいかな)
◎週末になると張り詰めていた気持ちがほどけ、結局過食をしていました。過食後は酷い自己嫌悪となりそんな人生がもう嫌になっていました。
◎「いつ死んでも良い」と思ってはいても両親に迷惑をかけたくない、どうせ死ぬ勇気なんか無い事がわかっていてそんな自分を情けなく思い更に自己嫌悪になり最終的には「世の中で自分が一番最低な人間だ」と考えるようになりました。
だからどんなに評判の悪い人にも優しく接する外面的には「誰にも優しい人」と言われる様になりました。
◎おかげで絶対弱みを見せられない立場の上司(役員)にまで悩み相談をされ、不倫関係となりドロヌマの結末を経験しました。
私にとってこの病気で一番怖いと感じたのは過食の症状からきた「心のゆがみ」でした。
きっとこのセンターに出会えなければ命を絶っていた危険性があったと思います。
本当にこのセンターに、みんなに出逢えて良かったよ!
みんな本当にありがとう☆