本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : エステ

過食症は食べ物への依存。常に何かに依存していた人生でした。

女性 会社員 34歳 AB型

16歳の頃、軽はずみなダイエットで簡単に5キロ痩せた。
でも貰い物のお菓子を異常に食べ、すぐリバウンド。
そこから、ありとあらゆるダイエットを試してはリバウンド。
高級なダイエット製品やエステなどで100万は軽く使いました。
18歳で就職してからは憧れのブランドの服にはまり、給料入っては1週間程で15万ほど使い、一瞬で給料は無くなっていました。
男遊びも激しかったです。
17歳から覚えたタバコは23歳には1日2箱。
さすがに頭痛もひどくなり、タバコは身体に良くないから止めようと、禁煙の本を読んで禁煙に成功しました。
その間もダイエットリバウンドは繰り返してましたが、
禁煙後からだんだん酷くなったのは過食嘔吐です。
タバコを吸ってた内は口寂しさが紛れてた。
ダイエット中で、1週間の内1回は沢山食べてオッケーな日を作ったら、
だんだん週に1回が足りなくなり週に2回、3回。
食べれる日に山ほど食べよう!明日からまた食べれないから…。
でも、食べたことを無かった事にしたくて吐きました。
私の過食嘔吐は、ダイエットが成功しないからだ、という認識しかありませんでした。

32歳で嘔吐するから過食が治まらないとネットで見つけ、嘔吐は止めて現在は過食のみ。
センターに相談する内に分かった事は、私は「常に何かに依存していた」ということです。
ただ対象が変わってるだけ…。
その時々で私は一切気づいていませんでした。
買い物依存性、セックス依存性、ニコチン依存性、摂食障害。

父がアルコール依存性だったので、私はアルコールには絶対のまれない、むしろ依存しないちゃんとした人間だ!と思っていましたが、私の行ってきた行為は…と思うと、とても怖くなりました。

34歳になって、初めてここまで自分を見つめる事ができ、私はなるべくして摂食障害になったということが分かりました。
ここでちゃんと治さないと、私の依存は続いて行くのでしょう。

精神的にも肉体的にもボロボロになっていく過食症

女性 会社員 27歳

大学でチアリーディング部に入部し、過度なダイエットを始めて、拒食症になりました。

母の作る料理はいらないと言い、作ってくれる弁当に入っていた揚げ物は衣をはぎ取って食べていました。置き換えのダイエットドリンクが主食になっていました。

その頃は食事をしている姿が恥ずかしく思えて、人前で食事をすることが出来ませんでした。
だから大学では食堂でみんなと食べられず、誰もいない教室を探したり、屋上の方の階段で1人で食事をとっていました。
4ヶ月で10キロ近く痩せ、下着も胸の骨が当たって痛くなりました。

体力も使うスポーツなので、身体はボロボロで、精神的にも肉体的にも、もう部活ができなくなってしまいました。

大学を中退し、専門学校へと進路変更をしました。

相変わらず食事は自分で内容を決めていましたが、体重は元に戻りました。
戻っただけなのに、太ったとすごく焦りました。

そして痩身エステに70万近くをかけ、また痩せていたころの体重へ戻しました。
高いサプリメントをたくさん飲みました。
高い化粧品も買いました。
太りたくないから、ご飯を食べずに食べたいお菓子を食べて空腹を紛らわせました。
時々どか食いをしていましたが、エステの力でなんとか体重はキープしていました。

痩せて彼氏もでき、一人暮らしを始めました。
地獄はここから始まりました。

今まで無理していた身体と心は、過食へ向かいました。
誰も見ていない部屋で、コンビニやスーパーで買った菓子パン・お菓子・アイスクリームをどか食いする日々が2年続きました。
理想で期待をいっぱいに始めた一人暮らしなのに、理想と現実のギャップに苦しみ、食のコントロールもできず、全然楽しめましんでした。
異様にブクブクと太る私をみて、親が心配し、一人暮らしを辞めさせようとしました。

それから2年で実家へ戻った今、
最悪の症状からは軽減したものの、家族の買ってきたお菓子を盗み食いしたり、
どか食いしたくてそわそわしたり、過食症は治りません。

過食症でなければ、大学生活はもっともっと楽しめて、友達もたくさんできたはずです。
一人暮らしだってもっともっと楽しめたはずです。

摂食障害は本当に怖いです。
私は頑固だし、意思は強い方だと思っています。
けれど、この過食症だけはどうにもなりません。はっきり言えます。
この相談で、もともと意志でなんとかなる病気ではない難病なのだと知りました。

摂食障害になって失ったものは多いです。
取り戻せるものがあるなら、取り戻したい。

しんどくなっていった通院

会社員 25歳 A型 大阪府

大阪府の地元にある個人病院の心療内科に
少しだけ通っていた事があります。

最初は話をしていくだけで、自分の症状や気持ちを話したりしていました。

ですがあまり具体的に話も進まず、いつも同じ事しか言われずで、だんだん通っているのがしんどくなってしまい辞めてしまったんです。

その後も何件か心療内科に通いましが一向によくはならずでした。

たまたまかもしれませんが、どこの先生もあまり良いアドバイスなどもしてくれずで悪化していく一方でした。

その後エステにも行った事があります。

過食も止まって痩せられるのではないかと思ってしまってたんですが
高額なお金しか要求してされず信用が出来なかったので通うのはやめました。

私は心療内科など、病院に通う事は違うなと思います。
あくまで私はの一個人の感想です。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。