本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : ダイエット

ファスティング(断食)で過食が悪化

女性 会社員 27歳 O型 東京都

私は過食のみです。自分で最初に異常に食べていると感じたのは大学生の頃1年留学していた時です。
自分の思い描いていた留学とのギャップ、英語がなかなか上達しないことからの焦り、難しい勉強が大きなストレスになり、夕食後、部屋でお菓子を一袋食べていました。
海外はカロリーが異常に高いので、一袋で1000kcalはありました。
留学の頃異常だと感じたのは、「食べる必要がないのに食べてしまう。」ということでした。

留学中は、ストレスもピークで3ヶ月ほど生理も止まりました。また、顔中ににきびが出ました。
その後は、留学生活にも慣れ、過食もしなくなり留学後も大学を卒業するまでは過食はありませんでした。
しかし、常にダイエット意識はあり、カロリーなどを異常に気にしており、好きな物より体に良いもの、カロリーの低いものを選んだりし、甘いものを食べたりすると罪悪感を感じていました。

その後、社会人になり、またストレスを多く感じるようになりました。自分は何の役にたっているのかと思うと、仕事へのやる気が出ず、夜は帰りにデパ地下やコンビニなどで1人では食べられない量を買い、全て食べる、家にあるものは全て食べないと気が済まなくなりました。その頃、趣味でマラソンをしていたので、ランニングをして体重はそれほど変わりませんでした。

しかし、段々食べる量も増え、体重も増えてきたのでダイエットを決意し、流行のファスティングを始めました。

最初は2kgほど痩せ、その頃好きな人に奇麗になったと言われ、その人に会う度にどんどん痩せなければと思いました。
半年で5kgほど痩せ、2週間に一度ほど1日過食してはファスティングをするという日々を続けていました。
「痩せるのは簡単。食べてもファスティングすれば大丈夫」と思うようになりました。

通常ファスティング後は、通常食に徐々に戻していきます。でも、体重をキープしたくて体重が少し増えるとすごくイライラし、増えた自分に自己嫌悪になりました。
仕事や交友関係から外食が多くなり、ファスティングをした後回復期をうまく持てず、回復期に一口何か食べると急激な食欲が沸き上がり、過食をする日が徐々に増えて行きました。
以前は過食を1日で止められていたのに、2日・3日続くようになり、最終的にはほぼ毎日過食するようになりました。
また、ファスティング後は太りやすくなっているので、仕事や付き合いで回復期またずに急に食べると、その分急激に増え、更に自己嫌悪。

そういうときは、「またファスティングすれば食べられなくなるから、今のうちに好きなものを食べておかないと」という意識、そして「明日から切り替えたらいいから今日は好きなだけ食べよう」と投げやりになり、異常に食べるようになりました。そして、過食→ファスティング→過食を繰り返すようになりました。

太っている私は相手にされない

女性 会社員 33歳 A型 兵庫県

摂食障害の初めは拒食症でした。
小さい時からポッチャリしてて…家族みんなで食卓を囲むような環境ではなかった為か、楽しさ、美味しさを感じなかったし好きな食べ物も特になかったですね。食に興味はなかったけど…きっと過食ぎみだったと思います。

太ってた私は、痩せてるね、可愛いね、チヤホヤされたい…
太ってるから私は相手にされない。醜い。だから学校生活が楽しいとも思っていなくて早く大人になりたい、家を出たいと思ってました。

家に居ても兄からデブだのブタなど言われて、母が対処してくれていたらこれ程の痩せの執着はなかったと思いますが…高校2年のクラブを初めてから極度に体重が減り生理が止まり、寒がりになり、体力が落ちました。
だけど痩せた事で自信がつき世界が変わった様に明るい私になりました、痩せれば自分らしくいられる気がしてた。
でもそれは、勘違いです拒食症は歪んだ考えになって行きます。あるキッカケで過食が始まり…今まで食べた事のない量、抑えようのない欲求に恐くなり吐き出す行為をしてしまいました。

私は過食という期間はありません、痩せてる自分が私だと決めつけては、痩せてなければ私でいられなかった。
体重が増えるのを見ると死にたくなる程の恐怖感になるんです。
これまで何度涙を流したか、お金と楽しいはずの時間、嘘をつき、好きな人に優しくする事も出来なかった、自分の歪んだ考えは大切な人達を傷つけてきた、そして自分自身さえも荒んだ心にしていく。
生きる為の食事に今だに拒み続けてしまう、摂食障害が根づいてる以上、私は幸せになれないんだ。
。今更、戻れない取り戻せない…なら先を見るしかない将来を幸せに過ごす為に治したい、心から笑っていたい、大切な人達をも幸せにしてあげたい。

人生の半分以上を過食症で。

女性 会社員 40歳 O型 埼玉県

過食症になって、22年経ちました。
数字にして表すと、人生の半分は過食に苦しみ続けてきたことに気づき、愕然としています。

心療内科などを受診しようと思ったこともありますが、自分の意思が強ければ治せる、人より少し大食いなだけかもしれないと、病気とは認めたくない自分がいました。
もともと人づきあいが苦手で、友達も少ない私でしたが、過食の症状がひどくなるのに比例して、ますます人と接するのが嫌になりました。イライラすることが増え、当時付き合っていた彼に当たり散らし、最終的には振られてしまいました。とても理解のある、優しい彼だったのに、ひどいことをしてしまいました。

また、私は長時間ダラダラと過食してしまうので、何か趣味を楽しんだりすることがありませんでした。
食べることが何よりも好きで、それを超えるほどの趣味があるとは思えませんでした。
休みの日は前日の夜から過食して、翌朝後悔するのに、その夜にはまた過食して、自己嫌悪に陥る…。この繰り返しです。
私の場合は過食のみなので、みるみるうちに太り、周りの人に太ったと言われるのが本当に辛かったです。

思えば、過食症発症のきっかけは、軽い気持ちで始めたダイエットだったと思います。
その時は絶食に近い状態だったので、かなり体重を落とせました。でも、すぐにリバウンドしました。

それから、あらゆるダイエットに挑戦しては失敗し、過食症もひどくなっていったように思います。
今までエステに二回通い、総額100万近くは使いました。
でも結局リバウンドしてるので、このお金はすべてムダになりました。

そして現在、一番症状がひどかった22年前の自分に戻りつつあります。健康診断では腎機能の低下と、高コレステロールが判明し、何としても過食症を完治させたいと思っています。もう、大切な人やお金、時間を失いたくありません。