本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : チューイング

チューイングの弊害

女性 会社員 23歳 B型 東京都

私は17歳からチューイング症になり、およそ6年が経ちました。14歳の時から体型がコンプレックスで、摂食障害になってからもありとあらゆるダイエットを続け、10キロの増減を繰り返していました。
チューイングの症状はひどくなっているのに、それ以上に痩せようと酷な運動やサプリメントの摂取、胃の中に入れるのはひどい時は水だけの生活を送っていました。間違ったことをしているという意識も忘れ、一日中そのことに囚われていて、ただ放心状態になってしまっていたことがとても辛かったです。
また、仕事をしている時、勉強をしている時、友達と遊んでいる時、チューイングができないと頭がぼーっとしてきて何にも機能しない中毒状態もとても苦しかったです。
歯もボロボロになり虫歯だらけ、かるい歯周病にもなり、気づけば口臭もきつくなり顔の表情もくすんできて、今考えると私の身体の不調もほとんどが過食症のせいでした。

摂食障害、私の人生に必要な試練だけど、このままでいいとは思わない。

女性 自由業 31歳 B型 奈良県

どうして、摂食障害になったんだろう。
10年も、苦しむことになるなんて、想像もしてなかった。

高校に入学したころ、家族の秘密を知った。私は、両親にすごく愛されて育ててもらったけど、私が生まれたことで、すごく傷ついた人がいる。そんなことないのかもしれない。でも、15歳の私は、そういう風にしか受け取れなかった。自分が生まれてきたことを、責めた。どれだけ両親が愛情を注いでくれても、それは、ある人の犠牲の上に、私の幸せがあったんだと思うと、もう、それからは、素直に愛情を受け取れなくなってしまった。私なんて、生まれてこなければ良かったと、常にそう思っていた。
それまでは、活発な性格だったが、それ以来自分に自信がなくなり、消極的になった。高校に入ってから、少し太り出す。5キロくらい。この頃は過食とかじゃなく、年頃特有の体型の変化だと思う。でも、男子から、急に体型についてからかわれたり、自信がなくていつもオドオドしていたせいか、気の強い子には「下」とみなされ、その頃から人の顔色を伺うクセがついてしまった。なんでも、自分のせいだと思ってしまう。今でも。
思えば、このぐらいから「マグマ」が蓄積されていたのかもしれない。

高校卒業後、就職した。もういじめられることはなかったけれど、仕事だけを支えに生きていた。結構な激務だったけど、他には、何にもなかった。自信もない、得意なこともない、趣味もない。やりたいこともない。可愛くもないし太っている。仕事しかなかった。ある日、仕事上の、ほんの些細な出来事がきっかけで、体調を崩し胃腸を悪くした私は、ほとんど食事を摂ることができなくなる。3か月くらいそんな状態が続き、体調が悪化して入院。気付くと、15キロくらい痩せていた。フラフラなのに、生理も止まったのに、痩せてたことが嬉しいと思った。その頃には、身体が全く食事を受け付けず、24時間点滴。体調不良の原因は不明。医師にはストレスかなと言われていた。退院後、心も身体も限界だった私は、仕事に戻ることができず、辞職した。私は本当に、何も無くなってしまった。仕事もせず、親に世話になり、誰にも必要とされず、明日私が消えても、誰も困らない。自分は何のために生きてるのか?生きている意味はあるのか?食事すら、苦痛な時間になって。楽しいことも、何ひとつなかった。何も無い自分に残ったのは、痩せた身体だけ。細くなると、周りが優しい。もう、体型をからかわれることはない。何としても、太るわけにはいかなかった。次第に、体調不良からの食欲不振に加え、太りたくない恐怖が加わる。5年ほどは、拒食だった。

ある時、猛烈に食べたい気持ちに襲われる。コンビニで、ずっと我慢していたお菓子やパンを買い込む。大量の食べ物を前に、どうしようか焦った。「そうだ、噛むだけ噛んで味わって、出しちゃえばいい」夢中でチューイングした。まだ、チューイングなんて言葉も知らなかった。それから始まってしまった。拒食だけだった頃よりはるかに辛い。出してるとは言え、少しずつ増える体重。見た目だけは元気そうに見える。周りの、「元気になったね」の言葉が辛い。親にも、分かってもらえない。チューイング後の罪悪感。常に疲労感。欲しいものも買えず、ただ食べ物に費やす日々。毎日、1日中食べ物のことばかり考えてる。やりたいこともできない。

摂食障害に振り回された20代。友達も、どんどん減っていった。周りは仕事に結婚。キラキラしてるのに、私は・・・楽しいことも、殆どなかった。お金も、社会経験も。他人を避けて、閉じこもる。人に会うのが怖い。社会に出るのが不安で、怖くて。
30歳を前に、転機が訪れる。支援を受けながら、働き始めた。そこで、身体障害があり、車いすでも明るく生きてる人に出会った。その人と過ごすうちに、私の中で、少しずつ何かが変わっていった。長年止まってた生理も、戻った。

今もチューイングをしてるし、食べる恐怖もある。ちょっとしたことで悪化してしまうし、情緒不安定だけど、少しずつ、確実に変わっている。本当にやりたいと思える仕事にも出会えて、支援を受けながらであっても今、それができていること。友達は少ないけれど、摂食障害になっても変わらずに居てくれた友達だけが残った。だから淋しくない。友達は数じゃない。こんな私を昔から支えてくれて、一緒に居てくれる人が居る。本当に大事な人がわかったり、なんでもないことが嬉しかったり、感謝できたり、人の気持ちを考えられるようになったりしたことは、やっぱりこの病気になったからこそかなと思います。

だけど、このままでいいとは思わない。摂食障害も、私の人生に必要な試練だったのかなと思えるぐらいにはなれたけど、これからの私の人生に、摂食障害は必要ないから。病気は治さなくてはいけない。治したい。そして、「食」に支配されず、やりたいことができる人生を送りたい。時間もお金も有意義に使って、好きな人と、穏やかに生きていきたい。

たとえ病気になっても太らなければいいと思っていた

女性 会社員 38歳 AB型 東京都

19歳~21歳 拒食 体重20キロ台になる
このままでは死んでしまうかもと思い病院受診をした 食べることを始めると今度は止まらなくなりリバウンド 仕事をかわるなど忙ししているうちに症状は落ち着いて体型についても諦めもあり気にならなくなっていった

24歳 付き合っていただき人から痩せろと言われ 拒食再発
チューイングと痩せ薬を乱用し10キロ減量した 結婚してからも体型について言われ続け 食べではいけない 悪いことだと思うようになった 体重は少しずつ増えていた 結婚5年で離婚 相手から離婚の申し出があった
痩せた体でいられなかったことが原因だと思った 離婚してからも太らないようにチューイングと下剤乱用を続けるていた
固形のものは食べずアルコールや水分でごまかして たまに過食嘔吐をしていた
生活環境が変わり忙しくなると前ほど体型が気にならなくなり症状は少なくなったが
太らない食べ方を考えて基本あまり食べないように気をつけて病気になってでも太らなければいいと思っていた

19歳の頃の状況に比べると良くはなったけど 食べることには罪悪感があり ひとりになるとチューイングや過食嘔吐をする生活になった
太るくらいならこのままでもいいと思っていた
痩せて周りに心配されても自分が良ければそれで良かった
人の話を聞かないようになっていった
自分のルールの中でしか生活できなくなってしまっていた
センターに相談する前までこんなことの繰り返しです