本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : アルコール

私の過食症歴

女性 自由業 36歳 B型 埼玉県
発端は5年前、育児と仕事の両立の疲れが発端でした。
主人の収入の激減とリストラで自分の両親の元へ急遽世話になることにしたものの、子供も幼稚園から保育園にかわらなければならなくなり、私の仕事も自分の実力以上を求められるハードな毎日を過ごし、朝も6時に起きて子供の朝食と公文を見てあげてから保育園に送り、自分の身支度と仕事の用意をして出勤。
残業をしながらも保育園の時間ぎりぎりまで仕事をしてお迎え。
時には一度迎えて食事を作り主人の帰りを待ちさらに仕事に戻るという日々でした。
そのあたりから食事と睡眠が思うように出来なくなっていました。
アルコールでかわす毎日の中、ファザーコンプレックスといわれるほどの最愛の父が急死。
それでも仕事と育児に追われ悲しむ暇もなく過ぎていく日々をやり過ごすのはアルコールと過食でした。

趣味がパン作りケーキ作りだったため気晴らしに深夜作ることも多く、それを一人で全部平らげる毎日。
それに加えてアルコールで自分を見失うこともしばしば。
そこへある日パニックと思われる症状がでて、入院。
強制保護の為わけもわからず3ヶ月の入院を虐げられ、退院して安定剤と睡眠薬を服用したものの、仕事は休まず、もちろん家事も育児も。
そんな疲れを取る為か、気晴らしなのか、過食はどんどん増すばかり。
お酒も量が増え、病院のお世話になるのもしばしば。
そして摂食障害の治療の為の入院。
しかし退院してもまた一年後にはリターン。
仕事もクビになり、自分の母親と同居を始めましたが、家族は上手くいかず。
そして離婚。
その間も自分の気持ちを過食で打ち消すかのごとく、自分ではどうしようもない力で過食がおきていました。

しかし、これではいけないと昨年の秋に自己判断で精神科通院も薬も止め、ひどく2ヶ月間は苦しみましたが8ヶ月たった今は通院も薬も何にも頼らずにいられるようになりました。
しかし、何かあるとすぐ過食。
しまいには、「よーし、今日は思いっきりやってやる」などと変に開放して過食をとめることなく恐ろしい尋常な食べ方をしては嘔吐。
それでも痩せた体をキープしながら食べたいものを我慢しないで思いっきり食べても大丈夫だという認識になり、過食も嘔吐の苦しさも死にたいほどの悲しさになるリスクがあっても、そして食べ出したら止まらない、泣きながら食べている自分をも許していました。
いや、あきらめていたと思います。
こうやって苦しむのだろうと。
入院しても通院しても薬を飲んでも治らなかった最後の一つの病は過食。
これは一生自分の弱さの病気というか、病気という名の甘えを。
それでも苦しくて、辛くて、もう過食とはお別れしたい、しようと何度も試みては失敗。
そんな日々の5年間。
とうとう終止符を打てるように頑張ります。
今度こそ。