本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : アルコール

たとえ病気になっても太らなければいいと思っていた

女性 会社員 38歳 AB型 東京都

19歳~21歳 拒食 体重20キロ台になる
このままでは死んでしまうかもと思い病院受診をした 食べることを始めると今度は止まらなくなりリバウンド 仕事をかわるなど忙ししているうちに症状は落ち着いて体型についても諦めもあり気にならなくなっていった

24歳 付き合っていただき人から痩せろと言われ 拒食再発
チューイングと痩せ薬を乱用し10キロ減量した 結婚してからも体型について言われ続け 食べではいけない 悪いことだと思うようになった 体重は少しずつ増えていた 結婚5年で離婚 相手から離婚の申し出があった
痩せた体でいられなかったことが原因だと思った 離婚してからも太らないようにチューイングと下剤乱用を続けるていた
固形のものは食べずアルコールや水分でごまかして たまに過食嘔吐をしていた
生活環境が変わり忙しくなると前ほど体型が気にならなくなり症状は少なくなったが
太らない食べ方を考えて基本あまり食べないように気をつけて病気になってでも太らなければいいと思っていた

19歳の頃の状況に比べると良くはなったけど 食べることには罪悪感があり ひとりになるとチューイングや過食嘔吐をする生活になった
太るくらいならこのままでもいいと思っていた
痩せて周りに心配されても自分が良ければそれで良かった
人の話を聞かないようになっていった
自分のルールの中でしか生活できなくなってしまっていた
センターに相談する前までこんなことの繰り返しです

アルコールで気が大きくなり過食嘔吐も悪化。

女性 主婦 40歳 A型 沖縄県

高校3年生の夏休み最後の日。塾から帰宅後無性に食べたくなった。
その日以来、食べ物のことが頭から離れない。朝から晩まで食べ物で頭の中はいっぱい。登校する自転車を運転しながら食べていた。
3ヵ月で体重が8kg増えていた。そのうち嘔吐することを覚えた。

高校卒業後から親元を離れた。仕送り、バイト代全て食べ物に消えていった。
20代殆ど過食嘔吐とお酒に注ぎ込んだ。お金も時間も。

20代後半から30代は結婚、出産、育児で二人の子供を育てることになる。常に食べる時間の確保の心配。子供の小さいうちは隠れて食べ吐きしたり、早く寝かせてお酒を飲めたが、徐々に出来なくたってきた。

34歳頃に、毎日飲酒が欠かせないことに気がついた。恐らくもっと前からだろう。
今では毎日夕方からお酒を飲む。その姿をみて子供が嫌な顔をする。お酒を飲むと気が大きくなり、過食嘔吐することをためらう気持ちが無くなり、また隠れて吐く。本当に悪い連鎖ばかりが続く。

今年、初期の乳癌がみつかり入院手術。
心身ボロボロ。でも依存症行動は抑えられない。
23年もの日々が、身体が、心が、摂食障害に奪われた。

最近、こちらのセンターに巡り合えた。
もうこれ以上、自分も家族も傷つけたくない。
依存症に苦しんでいる人みんな一緒に開放されたい。
もう誰も依存症の犠牲になって欲しくない。

前向きに取り組んでいこうと思っています。

ここでやめなければ未来はない

女性 会社員 34歳 B型 愛知県
過食嘔吐しはじめて6年目
最初は月に2位だったのにここ最近は
週に5~6回 30倍に増えている
アルコール依存もあり飲んだあとに
必ず過食嘔吐している
最近は体力も低下し仕事にいくのが
だんだんつらくなってきてさらに
集中力もなくイライラしたり不安な気持ちに
なることが多くなってきている
このまま進めば週に7000円の過食費用が
30倍で21万円 仕事もできず確実に
まわりに迷惑をかけることになる
さらに家族友達にも普通にふるまえない
孤独になっていて
見た目も恐ろしく太りすべてがボロボロに
もうなにもする気力もなくなっている
ここで止めなければ未来はないと思う