本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

私の過食がどうやって増えたか

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

◎増えた経緯◎
1年前、知人の一人もいない土地へ引っ越しました。新しく仕事をはじめて、慣れない土地・仕事ながら最初は楽しく新生活を満喫していました。ところが、男性からはセクハラを受け、女性からは動機は不明ですが陰湿な嫌がらせを受けるようになり、だんだんと心を閉ざすようになっていきました。誰にも相談も愚痴も弱音もしないで、日常会話すらしないように務めて、業務上必要なことだけ話す1年間。たまに、前に居たところの友達と会ったり連絡はしていたものの、あんなに話さず、笑わず、人の目も見ない(怖くて見ることができない)1年間はありませんでした。

◎発症当時の意識◎
当初は、「ストレス発散のためのバカ食い」程度の意識でした。寂しさから甘いものが欲しくなり、仕事後にコンビニでチョコ菓子を買う。甘いのとしょっぱいのをセットで食べると飽きないからという理由でしょっぱいものも一緒に買う。
食べるとスッキリした気がして、「これは自分への愛、優しさで励ましだ」くらいに思っていました。
月に2~3回だったバカ食いは、週3くらいのペースになり、そうなると、すこしぷっくりしたため中断。見た目をもとに戻して、またバカ食いをして、だんだんそれが習慣になっていきました。

発症当初は食べるとスッキリしていたのに、だんだんと罪悪感・後悔の念を感じるようになり、買いにでかけるか止めるかを1時間くらい悩んだあと出掛けて(悩んでいる間は床に座って全く動かない状態。)、食べたあと罪悪感で動けない時間が30分~1時間。
ぴかぴかだった肌も荒れ、常にできものがあるようになり、また過食をやめて、でも再発する。ということを1年繰り返していました。

発症時、月2~3回だった過食は、1年後には1日4回程度に増えていました。

それでも自分が「摂食障害」だということは気づかず、止められるはずなのに止められない自分の意思の弱さをひたすら責めていました。

食べ過ぎでやめられないことを不思議に思いインターネットで検索しても、「摂食障害」という単語は出てきませんでした。

食欲を押さえるコツ意識を強くもつコツを検索したので「歯磨きする」等の情報とは出会えましたが、そんなものでは止められず、ただ自分の意思の弱さを責めていました。
「摂食障害」という単語は、本当にたまたま、病気とは何も関係のないサイトで見かけて。気になり調べて、自覚して、こちらのセンターさんと出会えました。

カロリーと体重に縛られ続けた半生

女性 会社員 27歳 AB型 愛媛県

13歳、身長151㎝体重45㎏、痩せたい願望は、小学生の時からずっとあったが、その時は普通に食事ができていた。
14歳、中学2年の春、所属していたバレーボール部を辞めたことをきっかけにダイエットを始めた。
中学2年の5月には49㎏あった体重が、中学2年の2月には36㎏まで落ちた。
その時の食事は、お菓子は一切食べないのは当たり前。

朝→昨日の夕食、昼→給食の小さいおかず+大きいおかず少し(牛乳は飲まない)、夜→夕食のおかず少し。
停滞期になるとさらに食事量を減らしていき、最終的には一日700kcal目安の食事を半年は続けていた。
中学2年の2月、バレンタインでクラスの仲良し6人でお菓子を交換し合った。

私は、自分でクッキーを作ったが試食もしなかった。
友人にクッキーやチョコをもらったが、太りたくなくて全部捨てた。
私は、他の人と違って太りやすいんだから、普通の人と同じ食事をしたらダメだと思い込んでいた。
私は、元々恵まれていない体型なんだから、人一倍努力しないと皆と同じ体型にならないと思っていた。

中学3年になると、担任の先生が変わった。最悪なことに給食を残してはいけない先生だった。
給食は800kcalあるから、朝と夕食をほとんど食べないようになければならなかった。
自分で食事を決められないのが苦痛だった。このころから過食が始まった。

給食は、中学3年の夏ごろまではよく残した。「好きじゃないから。体調が悪いから。」と嘘をついた。
毎日言い訳を考えたり、先生にわがままだと思われるのが嫌だったから、給食を口に詰め込んだ後すぐにトイレに行き、出すようになった。
授業が終わり、15時ごろ家に帰ると、過食衝動が爆発した。
一度食べ始めると止められない。美味しいというより、カロリーを食べている感覚。すごい勢いで、よく噛まずに食べる。自分じゃないみたいに、家にあるもの全部食べる。夕食がいつも18時ごろ。帰宅してから18時の夕食が終わるまで過食衝動が続いた。
どうせ家に帰って食べてしまうなら、給食をちゃんと食べた方がよかったと後悔。
衝動が落ち着いたらうつになり後悔。過食した翌日は、絶食して体重を減らした。

過食と絶食を繰り返すのも辛かったため、過食した後、外を1、2時間ジョギングするようになった。
そうして中学3年の夏までは過食しても体重38㎏をキープできた。中学3年は受験勉強をしないといけないのに過食で時間を取られて勉強に集中できなかった。
受験勉強のせいで運動する時間もなくなり、秋ごろから体重がどんどん増えた。すると、もうどうでもよくなり、毎日家に帰ったら過食。行き詰った。そして42㎏の時、心療内科に行くと、「そんな痩せてないよ、そんなに食べてたら太るよ。」と言われた。
「そんなの分かってる。」と思った。薬をもらった。薬を飲んでも全く効かなかった。
これ以上痩せたいとは思っていなかった。少しダイエットを休憩したかった。
少しくらい体重が増えてもいいから普通に食べたい。
例えば、クッキー10枚あるうちの2枚だけ食べようと思ってもそれができなくて、全部食べるか全く食べないかになる。
過食衝動が怖い。拒食症の時の方が良かった。辛いのは過食。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

発症して、日々の過食の中で。

女性 学生 21歳 B型 岡山県

一人暮らしを始めると、すべてが自己管理になるということもあり、本格的に過食が始まりました。
食べ物のことばかり1日中考えていることもあります。
イライラや精神的に辛い時などに特に過食します。
食べている時は気持ちが落ち着くのですが、過食後に罪悪感と現実が襲ってきます。
それをわかっていても毎回毎回食べ続けてしまいます。
また、吐くことができないため、ただ太っていくのだと怖く感じてまた精神が追い詰められる悪循環に陥ります。
自分が嫌いです。
食べることが好きだったはずなのに、怖くてバイキングにももう行けません。
外に出かけても、常に食べ物のお店が目に付いてしまいます。
自分の食生活が本当に恥ずかしくて情けない。
思い通りに食べられないとイライラします。
普通の食べ方で、美味しく食べたい。食事を元に戻したい。