本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる匿名相談」も行っています。

*

摂食障害の私が母親になって良かったのだろうか。

女性 主婦 27歳 A型 東京都

結婚出産を経て現在に至りますが、一旦軽減していた症状も、妊娠期の悪阻をきっかけに嘔吐することが増え、産後も授乳にともなって食欲が増して過食嘔吐に拍車がかかりました。娘はどんどん大きくなってだんだん物事がわかり始めていると思います。
摂食障害になって周りの友達が経験する辛さや大変さ以上に、自分が大変だったことを客観しした今通感しています。お腹の中の赤ちゃんに対する罪悪感。増え続ける体重と大きくなるお腹への恐怖感。命に対する責任。出産後の子育てに対する恐怖感(世代間連鎖ということを私は知っていました)。

周りの妊婦友達は命に対する喜びばかり実感しているのを横目に、なぜ自分は素直にこの子の命にたいして喜べないのだろう。なんてひどい母親なのだろう。生まれてからも、普通の子に、ちゃんと育てていけるのだろうか。私なんかが母親になって大丈夫なのだろうか。それしか頭にありませんでした。今も、その恐怖と隣り合わせで毎日過ごしています。
治療も今まで受けてきましたが、誰も助けてはくれません。医療従事者であっても、適切な対応をしてくれる信頼できる大人に出会えなかった、と当時の私は思っていました。誰も助けてくれないなら、自分がなんとかするしかない。
でも、本来そうなのかもしれません。自分自身が本気で治りたいと思わない限り、誰も治してくれはしないし、治らないのかな。と最近思っています。

ただ、一人の力では絶対に治せないことだけは明らかです。
時間。お金。人生。大切な人。失ってきたものが多すぎて、私の人生はいったい何だったんだろう。摂食障害にならなければ180度違う未来があったのかもしれない。と何度思ったことか。
でもそんな私の周りには素敵な家族や友人がいます。これからその人たちを失いたくないし、大事にしていきたい。失ってはいけないと思います。
負けずに戦いたいです。
そしてこれから先の未来は、明るいものだと信じて進みたいです。