本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

私の過食がどうやって増えたか

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

◎増えた経緯◎
1年前、知人の一人もいない土地へ引っ越しました。新しく仕事をはじめて、慣れない土地・仕事ながら最初は楽しく新生活を満喫していました。ところが、男性からはセクハラを受け、女性からは動機は不明ですが陰湿な嫌がらせを受けるようになり、だんだんと心を閉ざすようになっていきました。誰にも相談も愚痴も弱音もしないで、日常会話すらしないように務めて、業務上必要なことだけ話す1年間。たまに、前に居たところの友達と会ったり連絡はしていたものの、あんなに話さず、笑わず、人の目も見ない(怖くて見ることができない)1年間はありませんでした。

◎発症当時の意識◎
当初は、「ストレス発散のためのバカ食い」程度の意識でした。寂しさから甘いものが欲しくなり、仕事後にコンビニでチョコ菓子を買う。甘いのとしょっぱいのをセットで食べると飽きないからという理由でしょっぱいものも一緒に買う。
食べるとスッキリした気がして、「これは自分への愛、優しさで励ましだ」くらいに思っていました。
月に2~3回だったバカ食いは、週3くらいのペースになり、そうなると、すこしぷっくりしたため中断。見た目をもとに戻して、またバカ食いをして、だんだんそれが習慣になっていきました。

発症当初は食べるとスッキリしていたのに、だんだんと罪悪感・後悔の念を感じるようになり、買いにでかけるか止めるかを1時間くらい悩んだあと出掛けて(悩んでいる間は床に座って全く動かない状態。)、食べたあと罪悪感で動けない時間が30分~1時間。
ぴかぴかだった肌も荒れ、常にできものがあるようになり、また過食をやめて、でも再発する。ということを1年繰り返していました。

発症時、月2~3回だった過食は、1年後には1日4回程度に増えていました。

それでも自分が「摂食障害」だということは気づかず、止められるはずなのに止められない自分の意思の弱さをひたすら責めていました。

食べ過ぎでやめられないことを不思議に思いインターネットで検索しても、「摂食障害」という単語は出てきませんでした。

食欲を押さえるコツ意識を強くもつコツを検索したので「歯磨きする」等の情報とは出会えましたが、そんなものでは止められず、ただ自分の意思の弱さを責めていました。
「摂食障害」という単語は、本当にたまたま、病気とは何も関係のないサイトで見かけて。気になり調べて、自覚して、こちらのセンターさんと出会えました。