本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

消化が怖い

女性 学生 20歳 O型 千葉県

2年ほど前にはじめて自分で故意に吐きました。そこからが始まりだったように思います。最初のうちは食べ過ぎたら家に帰ってから吐く、というような軽いものでした。

前からずっと痩せたいという気持ちが強くあって、友達のきれいな足や華奢な体型を見るたびに、自分と比べて劣等感がありました。もっとおしゃれしたい、足を出しても恥ずかしくないような体型になりたい、痩せたい、という気持ちが常にありました。

今から半年前ぐらいにその気持ちが余計に強くなったのか、食べ過ぎたら必ず吐く、カロリーの高そうなものを食べたら吐く、というように悪化していきました。
いつからかはもう忘れてしまいましたが、なにか食事をして吐くというものではなく、自分でお菓子や菓子パンなどのジャンクなものを買っては食べ、お腹がはち切れそうになったら吐くということし始めました。
なにか用事があってもその前まで食べて吐けるとわかればやってしまいます。もう普通の食生活がわかりません。何か食べて、それが自分にとって罪悪感を感じるものだと、もういいやどうせならと思って、我慢していたぶん一気に食べたいものを食べたいだけ食べて、お腹いっぱいになったら吐きます。

誰かといても、この食事が消化されるのが怖くてトイレに行って吐いてしまいます。
外食でも誰かの家であっても吐いてしまいます。吐かずにはいられません。
友達は気づいているのか怖くてたまりません。いつかバレそうで怖いのに、吐かずにはいられない。

たくさん買い込んで吐いたあとはこんなにお金を使って、このお金があれば洋服が買えた、あれができた、自分はなんでこんなことをしているんだと自己嫌悪になります。今もバイトしてけっこう稼いでいるのに毎回カツカツで、それでも買い込んで食べて吐いてしまいます。
こんな食事にばかりとらわれている生活をやめて、もっと普通の生活がしたいです。治したいです。