本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

過食症でいる限り、心休まる時はない

女性 会社員 27歳 A型 東京都

摂食障害の合併症として思い当たる事がいくつかあります。

ますば体力の減退。日常のなんでもない事でもしんどくなります。
そして体調はいつも悪くなり、一日中グロッキーな状態が続きます。

次に体型の変動。
太って痩せて太って痩せてを繰り返し、最終的には疲労と睡眠不足で常に顔色悪く、むくんでパンパンの酷い姿に落ち着きます。

また、自己嫌悪からうつ病を発症し、仕事や人間関係にも支障が出ました。
仕事は能率が落ちて全然進捗しなくなり、職場での信用を失いました。
仕事場では孤立して、いつも独りぼっち。毎日泣いてばかりいました。
健常者から見ると、私のように物を食べるのも食べないのも極端な行動を取る者は、物凄く異様に見えるようで、端から見ても正常でない人間だと思われていたようです。

私は日々の辛さから自傷行為を繰り返し、遂には自殺未遂まで至りました。
後遺症を残さずに仕事に復帰できた事が幸福だったのか不幸だったのかは分かりません。

摂食障害を患って、失うものはあっても得るものは何もありません。
お金も時間も無駄にして、遂には命まで絶ってしまうところでした。
私はとりあえず生きていますが、この病気をしている限り、決して心休まる時はないのだと思っています。