本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 妊娠と出産

43年間の過食嘔吐、人の人生も奪ってしまった

女性 無職 62歳 A型 東京都

18歳から過食嘔吐になった。最初は、食べても痩せられる!と、喜んで自分から意識してやっていたが、止めようとしても止められなくなっていた。

家の事情で結婚、一男をもうけた。
しかし、酒と食べ吐きで毎日が地獄の日々が続いた。
妊娠中は、飲まなかったし吐かなかったのを思い出し、再度の妊娠を計画し、すがる思いで病院に薬を注射する為に毎日通った。
薬代は高く生活は大変だった。
しかし、もう過食嘔吐はしたくなかった。10ヶ月でもいい、過食嘔吐を止めたかった。
考えてみれば冷めた夫婦間で、妊娠なんて出来る訳がなかった。
私の酒と食べ吐きに、耐えきれなくなった夫は、借金を残して蒸発した。

私24歳子供と2人の生活が始まったが、このころから、考え方がおかしくなっていった。
子供への虐待が始まった。
酒や食べ吐きと同様に、虐待も止めようとしたが、止められなかった。
子供を殺さないだけ良かった。
酒と食べ物を買うお金をどんな事をしても作ろうとして、危ない事もやった。
酒を飲んで、食べ吐きして、子供を虐待する15年余りつづいた。
子供が大きくなり、家を出てからが大変だった。
酷い酒と嘔吐の毎日が続いた。
立つことも出来ないぐらいに、吐きまくった。
食べて吐かずにいられなかった。
そのうちに、吐く為に食べるようになった。
頭は狂っていった。
善悪もつかなくなった。
酒は、止まる事が出来たが食べ吐きは止まらず入退院も繰り返したが、食べ吐きはどうすることも出来なかった。
そして、地獄の43年が経ち嘔吐が止まって1年経った。
よく今まで生きていたと思う。
私人生は、酒と食べ吐きに始まり、青春、育児、結婚生活、などお金で買えないものを失った。
子供は、今どこでどうしているのか分からない。
酒と食べ吐きの為に自分の物を失うのはいいが、人(夫、子供)の人生を奪った事は、立派な罪になると思う。

私には、生きて行くのに、過食嘔吐が必要だったのかもしれない…
それを手放す時、新しい生き方が出来ると思う。

体重や食事に支配される出産・育児

女性 主婦 32歳 A型 東京都

私は15歳の時に過食症(嘔吐なし、下剤乱用)になり17年目です。
1ヶ月半前(7月末)に出産しました。
過食症での妊娠、出産、育児について書き込みます。

まず、妊娠が分かった時、単純に嬉しい気持ちと別に不安がありました。
病院で体重増加は7キロから10キロくらいと言われ、やせ願望が異常に強い私は今から7キロも増えるなんて有り得ないと思いました。
既に太っているのだから、出産まで1キロも増やすまいと思いました。今ある脂肪で胎児に栄養が行くはずだと勝手に思いました。
しかし、つわりが終わると徐々に体重が増えてゆき焦り始めました。食生活は妊娠前と変わらず、食べないか甘いものをたくさん食べるかの2パターンを繰り返していました。
ただ下剤だけは飲むのを止めました。流産するのではと思ったからです。

臨月のときの血液検査でに妊娠糖尿病の可能性があると言われ非常に焦り、そこから出産までの1ヶ月はほぼ過食症状は出ませんでした。結果、臨月までに増えた体重は6キロくらいで、赤ちゃんは3000グラムと標準でしたが食事内容はめちゃくちゃでした。
無事、出産を終えれたことは、本当に良かったですが、自分の体重や食事に対する歪んだ考えはそのままです。
まず、産婦人科で同じ年齢の赤ちゃをん見て自分の赤ちゃんのほうが大きいと心配になります。赤ちゃんは普通ぷくぷくしているものだし、体重が増加するのは良いことなのに凄く気になります。
もちろん自分の体型も気になり、出産後も細いママを見るととても羨ましく思います。

育児に関してはまだ1ヶ月半なのですが、家にこもっているせいか過食症状が頻繁に出てきました。このままではまた太ってしまうと恐怖です。世代間連鎖も怖いです。娘には摂食障害になってほしくありません。

14歳の娘を妊娠してから今でも止まらない過食嘔吐

女性 会社員 44歳 O型 静岡県

18歳から摂食障害で生理不順でしたが出産することができ、今14歳になる娘がいます。

妊娠から今に至るまで過食嘔吐を続けています。
摂食障害や依存性は子供に影響する事を知り、止めなければ、治さなければという焦りと、頑張っても自分でコントロールできない染み付いた食への異常な依存に恐怖を感じています。

考えるほど不安になり気が沈みますが、センターとの電話、皆さまと繋がれた事を励みにし、病気と向かい合い、諦めないようにしたいです。
初めて治したいと思ったこと、「過食嘔吐」で検索し、センターへの無料相談を始めたことを無駄にしたくない、子供の将来を明るいものにしたいと願います。

会った事もない他人の私の相談を 親身に聞いてくださり感謝します。
初めて人に打ち明けました、そして沢山の人が同じ苦しみを抱えている事を知りました。

これはチャンスなんだと前向きに考えようと思います。