本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 妊娠と出産

自分よりも子供への影響が心配で。

女性 主婦 34歳 A型

摂食障害になって…もう19年目で、どこか自分の一部という感覚もあって。例えば「世の中完璧な人なんかいない、自分のマイナスな部分の1つに摂食障害がある」くらいに考えていました。
それは、幸い打ち明けた友人や恋人が皆肯定的に捉えて親身になって考えてくれた事や、私自身がカウンセラーになる為に自分にずっと向き合って生きてきて、止まる時期も多くあったからかもしれません。

治したいと本気で思った事も何度かあったとは思うけれど、私の人生にとってそこはそんなに重要ではないという感覚でした。この病を抱えて生きていこうという覚悟みたいなものが逆にありましたね。

その考えが変わったのが妊娠・出産。
自分より大切な存在ができた事で、自分の為には本気で治す気になれなかった摂食障害を本気で治さなければならないという気になりました。「いつ死んでもいいや」くらいで生きていたけど、「自分にこの子から親を奪う権利は無い」と感じた時に元気で居なければならない義務感を強く感じました。

妊娠・出産期も一時的なストップだったんだと思います。毎日幸せな気持ちで、自分の過去にも素直に向き合え素直に泣けて、心に澱が溜まっていない、そんな感覚が強かったです。
お腹の子どもを失わない為に、もちろん食べ吐きはほとんどしませんでしたし、胎盤を伝って栄養を吸収する子どもの事を思って、元々料理が好きなのもあるので栄養士さん顔負けくらいの食事を日々心がけていました。

子どもが産まれてからも、授乳があるので食べる物にはとても気を遣っていました。
おっぱいが出なくなって、ずっと我慢していたお酒を飲み始めてから過食嘔吐がかなりのペースで出るようになり、最近では頻度も増えて自分でもちょっと怖くなっています。

「歯止めが効かない」今はこの感覚がとても強いです。そのせいで自信をなくしたり、不安になる事が増えました。
1番思うのは、そんな自分を娘に見せたくないという事です。

私は摂食障害になってから今まで失ってきたものに対しては自己責任だし仕方がないと思っています。完璧に生きていける人なんて居ないんだし。

ただ、これから先の人生で摂食障害によって何かを失うのは嫌だと強く思うようになりました。それは私自身が失うのではなく、娘が未来を失うという事だから。。。

19年で1番、調子乗らないで本気で頑張ります!!

子供をだっこしながら

女性 主婦 31歳 AB型 北海道

相談を受けるまで病気だという認識はなかったが、思い返すと発症したのは12年前。
忙しい仕事のストレスと自分の外見へのコンプレックス、痩せたいけど食べるのが好き、甘いものへの執着から深夜毎晩、家族が寝静まってから甘いものを気持ち悪くなるまで食べていた。

途中やめたいのに歯止めがきかなくなり、口に入れたばかりの飴をすぐにゴミ箱に吐き出してはまた新しい飴を放り込み、また吐き出すなんてことも。泣きながら食べる、甘いものがなくなり気持ちが収まらないときは、夕飯の残りのおかずを鍋から素手でつかんで口に放り込む。お腹がはちきれそうになるまで、スイッチが切れるまで食べていました。

つねに体がだるく、気分も落ち込みがち。着たい服も着られずにいつも同じような服ばかり。やせたい!やせなきゃ!と思えば思うほど、普通の食事を減らし、反動で甘いものを過食してしまうという行動をとってしまい、結局太っていくばかり。
意を決して体重計に乗ってみた時は59キロというみた事ない数字にまでなり、今度は無理なダイエット。

その後好きな人が出来たこと、就職して充実していたことで過食はだいぶおさまっていた。
たまにやってしまう時もあったけど、病気だとは思っていなかった。自分の意志が弱いだけだと思っていた。

結婚して退職し、妊娠、出産。
身体や環境が大きく変わり、専業主婦のため外に出ることが少なくなり、孤独感、虚しさ。
私の生きがいってなんだろう。生きてるのが面倒。なんのために今私はここにいるの?また過食が徐々に再発していった。

夫が帰るまでにお菓子、菓子パンを過食し、夫が帰ってきた時にはだるくてソファに横になって夕飯も作っていない。
夫のためにかった食べ物や、夫が自分で食べようと買っていたお菓子、頂き物のお菓子を一人で全部食べてしまい驚かれることもしばしば。自分が怖い。優しい夫に心配され、自分が情けないと涙を流す。そんなことがなんどもあったような気がする。

出産してからは子供が寝ている隙に、我慢できない時はだっこしながら。
買ってきたお菓子を少し楽しむとかじゃなく、全部食べきってしまわないと気が済まない。
母乳のために甘いものは控えなきゃと分かっているのにやめられない。どうしよう、どうしたらいいのか。気力がなくなり、笑顔のない私に、夫は元気になって欲しいと…

こんなふうになっても病気だとは本当に思ってなく、でも自分でコントロールできなくて。
子供のためにこんな母親じゃだめだ、この先すっとこのままだったらと思うと…どうにかしなきゃ。
ネットで調べ、この無料相談に勇気を出してかけてみました。
今書いていて客観的に見るとほんとに異常。でも気づいていなかった、認めたくなかった。そこが怖い。

止まっていた過食が再発

女性 主婦 31歳 B型 神奈川県

高校1年の時何気なく始めたカロリー制限ダイエットがキッカケでした。
体重が減ると周りから、特に異性からとてもモテる様になりました。体重が目に見えて減るという達成感もあったんだと思います。それからはもうカロリーが気になって気になって常にネットでも調べてしまう毎日が15年続いてます。

専門学生になると忙しく睡眠時間もとれず、常に課題のストレスがあり一気に過食で20Kg近く太ってしまいました。その頃から過食が酷くなり、暇を見つけては何か買って食べてました。電車の中でも、自転車に乗っている時も、外を歩いて移動している時も常にです。

専門学生の時100万もローンを組んでエステにも通っていました。
しかし過食があるので結局は数キロ減量しただけで、莫大なローンだけが残りました。
更には寂しさや虚しさからか誰かにすぐ頼りたくなり、異性とも健全ではない上っ面の関係になってしまいました。

この頃、もともと良くなかった家族関係も悪化、私母妹対、父となり、いつも暴力まではいかないにしても、そういう危機迫ったいざこざで揉めていました。家では全く安らぐ事が出来ませんでした。

就職後、少しは過食が落ち着いたものの、上司のキツさと新社会人としてのストレスで、休憩中トイレで一人過食していた事もあります。

就職してから1年後、今の主人と付き合う様になって、少しだけ過食の頻度は減ったと思います。
その後結婚し仕事をやめ長女出産、ママ友も沢山でき、毎日遊んで過食は時間的にもする余裕もないし、そういう過食を考える暇もないくらい楽しく過ごしていました。

しかし去年引越し、知らない土地へ…
今1年経ち、引越し先で二人目を出産。産後3カ月たちますが、一人目の時と違い、思うように産後の体重が落ちないのと、慣れない二児の育児から過食に走ってしまう日が少し増えてきてしまいました。
今はとにかく産後の体重が落ちない事に焦り、数百g増えては自暴自棄になり過食に走ってしまう毎日です。
起伏の激しさに伴い過食してしまう事に疲れてしまいました。