本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 過食症の怖さ

下剤と過食嘔吐で入院

女性 学生 23歳 A型 広島県
私が摂食障害になったのは9年前でした。
中学2年の頃、家族がバラバラで、非行に走り、頼った友達に利用され、私は自分に自信がなくなり、疲れて引きこもっていました。
痩せてきれいになったら自信が持てる、みんな優しくしてくれるかもしれない、という思いからこの病気は始まりました。
「下剤と食べたものを吐いたら痩せる」と聞いたのを思い出して、1日の食事をお菓子を少しと寝る前に下剤を飲み、自分が決めているものより食べ過ぎたら吐くようになりました。
最初はおもしろいように落ちていく体重と、好きなものを食べても痩せていく快感でその行為に何の疑問も持ちませんでした。
周りにも痩せたことで女の子として扱われている気がして、自分でも痩せてよかった自信で溢れてると思っていました。
高校に入り周りは勉強やバイトに励んでいるのに、私の頭の中は食べ物や痩せる事でいっぱいになり当時流行っていた死人が出たダイエット薬にも手をだし、精神的にも肉体的にも病んでいき、学校にも友達にもついていけなくなり入院、学校に行けなくなり留年してやめました。
高校を辞め入院して下剤と嘔吐をやめれたもう自由になれたと思っていたけど、この病気はそんな事では治りませんでした。
18歳になり、一人暮らしをするようになり、フリーターとして生活し始めて彼氏もでき、時々嘔吐をしていたものの、体重も標準になっていたことから、もう治った、と思っていたとき、たまたま行った美容院で働くことになりました。
しかし、
「美容師だったら痩せないと」
と言われたのをきっかけに、仕事より痩せる事を優先させるようになり、頑張ろうと思って入った仕事も2週間でやめ、そんな自分を許せなくてうつ病になり、引きこもり下剤が再発。
下剤嘔吐を治すために入院したけど、再発を繰り返しました。
下剤を飲みながらバイトをする日々を送っていたけど、そんな状態で仕事が続くはずもなく、いろいろなバイトを始めては、体力がなくなり、精神的に病み、やめることの繰り返し。
そんな生活に疲れて、実家に帰り、下剤をやめる事ができたけど、嘔吐は治まらず、仕事の人間関係に悩み辞めて引きこもり、過食嘔吐を繰り返す日々が始まりました。
実家に帰り、通信制高校に入学して頑張ると誓ったのに、また同じことを繰り返す自分が嫌で精神的に追い詰められていました。
家族には告知できているけど、普通に何も考えずにご飯を食べれる家族がうらやましく当たってしまい、そんな自分に自己嫌悪してしまいます。
ダイエットを始めて9年間、私の頭の中は痩せる事、食事だけしかない気がしてならないです。
もうそんなことに振り回されたくないです。
このまま治らなければ将来やめれていた下剤も元にもどって同じ事を繰り返す人生だと思うと本当に苦しいです。

止められない下剤。私どうなるんだろう・・・

女性 会社員 32歳 O型 愛媛県
下剤を服用するようになったのは中学の頃です。
便秘がちで量は通常だし、頻度も週1くらい。
高校の頃には飲まなくなり、21歳くらいからまた飲み始めました。
きっかけはダイエットです。当時体重も62キロほどありました。
職場の同僚がお弁当を食べ、トイレに行ったあと『吐いた』っと、言ったのが痩せたいからだとわかりましたが、その時には大変な事だとは思いませんでした。
すぐに私も過食嘔吐が始まりました。
24歳頃までは普段はほとんど食事をせず過食嘔吐は週1回程度でしたが、
下剤は毎晩10錠~、体重は46キロ~60キロをいったりきたり…
まだこの頃には過食嘔吐の怖さや後悔を感じる事はありませんでした。
25歳の時、転職をきっかけに独り暮らしを始めました。
とても忙しい日が続いていたのですが、たまに早く帰れる日があると過食嘔吐、就寝前には下剤。
気がつけば毎日になっていました。
職場の環境や上司からの叱責に悩み診療内科へカウンセリングを受けにいく機会がありました。
過食嘔吐も病気なんだと自分自身で気になり始めましたが、診療内科ではまともに受け止めていただけない様子でした。
定期的に通院してくださいと言われましたが、処方される薬に眠気が強く、仕事に差し支えるので服用をやめ、通院もやめました。
28歳の頃から独り暮らしをやめ、実家で暮らしていますが、後悔しつつも毎晩過食嘔吐。
下剤は排泄毎になり、量も2~3倍へと現在に至ります。
今、治す努力をしないと私どうなるんだろ…

摂食障害の核の部分を見つめるために

女性 会社員 34歳 岩手県

15年過食嘔吐に悩んできたました。

今まで:一日3~4回の過食嘔吐、その他にも車の移動中などにも計5~6回
一日の過食費:5~6千円

最初はダイエットからの拒食に始まり、嘔吐なしの過食で80キロになり、嘔吐を覚え、最低体重39キロまでと身体的にはかなりのショックを与え続けてきたと思います。

精神科・心療内科にも通院してましたが、そもそも摂食障害に無知な医者への不信感があり気休めでした。

今は「抵抗」/「防衛」期がおさまり、少し書いてみようかという気になりました。

私にとって過食嘔吐は症状として表面化されているのは過剰な「摂食」という行為なのだけど、その都度その都度で「すり替え」されている感情(すり替えしなければ心つぶれてしまうからなのだけど)が必ずあって、それを肉体的・心理的な「空腹」のストレスと置き換えて「解決」「処理」した気になっている、というところがあります。

現在は慢性化してその感覚さえも麻痺して、機械的な行為になっているところもありますが。

「すりかえ」されている以上それは問題の回避・迂回であって、それは嘘だから嘘の処理の為の摂食が「過剰」になる、という連鎖。
満たされない・・・。

問題の「核」を直視しないと、その周りに強力な「磁場」のようなものが出来て何重にもズラされていく・・・といった感じ。
これが「抵抗」なんじゃないかと思う。

怖くても、痛くても、「核」を直視しよう。
そう思えたのはここにいるみんなが居るから。
みんなに心からのありがとうを。
また書きます。