本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 過食症の怖さ

過食症は病気なんだと気付いた

女性 会社員 34歳 O型 宮城県

つい最近までそれほど自覚がなかった自分が怖いです。
ここでいろんな方の記事を読んで、思い当たるふしがたくさんありました。
なのに自覚がなかったのです。

本当に病気なんだなと思いました。
そう思えるようになってよかったと思いました。
どう考えても普通じゃないですからね。

とにかく諦めないで治していこうと思います。
せっかく気が付いたのだから。

私の未来は私が救ってあげるしかないですからね。
責めない、けど諦めない。

食べ始めると止まらない、止めたいのに止まらない

女性 主婦 48歳 B型 大阪府

先月12月半ばに過食を発症。
それから毎日、午前から夕方までだらだらと食べ続ける日が始まった。

食べ始めると止まらない。
止めたいのに止まらない。

食べてはダメだと分かったいても食べてしまう自分に自己嫌悪。
そして自分を責めてしまう。

しんどくなるのが分かっているのに胃がパンパンになるまで食べてしまう。
体重も増えてきたのが嫌だし、胃が苦しくなるのも辛い。
さらにゲップも止まらず、便秘状態。

通っているクリニックの先生からは摂食障害のため下剤を出してもらえず、
別の薬を処方された。

とにかく過食で精神的にも身体的にも苦しいし辛い。
外出のタイミングが分からなくなってくるし、
食事の献立を考えるのもイヤになってきた。
過食が始まったことで人に会うのも避けるようになってきた。

生きている意味が分からなくなってくる。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

食べる量は明らかに増えている

女性 自由業 32歳 AB型 愛知県

27才の頃に無理な食事制限をして、大幅に体重が減りました。
その反動で、すごい過食の衝動がではじめました。
菓子パンや洋菓子を買うことが習慣になり、毎食の食事に常に甘いものを
食べていました。

食べたくて、朝は仕事が始まる寸前まで更衣室で食べたりしていました。
夜は眠くなるまで、家にあるものを食べつくしていました。

しかし、今、5年前と比べて症状が変わりました。
過食したい衝動はなくなりましたが、今度は食事を始めると満足できず、長い時間食べてしまうということです。
症状は変わりましたが、あきらかに食べる量は増えています。

このまま過食を治そうとしないと今よりもさらに量が増え続けて
悪化していくだろうと痛感しています。