本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 治療の体験談

過食症の治療(千葉県)

女性 会社員 25歳 A型 千葉県

私は、過食嘔吐と自傷行為を治したくて、千葉県八千代市の新井クリニックに2年半位前に少し通ってた。
とってもキレイな病院で、院長先生は女医さんで優しそうなおばあちゃんで、看護婦さんも凄く感じが良かったよ。
2回目位の時に、カードの絵を見て連想した物を答えたり、カウンセラーの人の質問に答えたりする心理テストを行った。
その時お父さんとお母さんの長所と短所を答えてって言われて…私は、お父さんの事は普通に話せたのに、お母さんの事になったら長所が言えなくて、泣くのを堪えるのに必死だった。
その時、私の全ての原因はお母さんに繋がってるのかなって思ったんだ。
結局治療自体は、院長先生に近況報告をして、薬を処方されるだけで過食は止まらなかった。
私は、毎日過食嘔吐の時と、全く治まってる時があるから、治まってる時は行かなくて、もう1年位行ってないな。
薬飲んでも止まらないんだもん。きちんと断続的に通うのも難しいし。だからここでみんなと一緒に治して行こうって思ったんだ。ここに来ると、完治できるって気がする。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

過食症の治療(福井県)

女性 学生 21歳 AB型 神奈川県

福井県福井市の精神科の病院で名前は覚えていません。
過食1年目に、初めて母親と一緒に行きました。女の先生でした。
まず右手の甲が傷ついているか確認され(嘔吐の際、指を突っ込む時に歯が当たるから傷つく)、過食の程度、階段を上るだけで息が上がるか、など聞かれました。
診断結果は、「自分の意志を強く持ちましょう」
「お母さんは過食の時間を作らないように一緒に運動などをしてあげてください」
「この病院は摂食障害で、脳がもうおかしくなってしまった人や日常生活ができなくなってしまった人たちが来るところです」
自分の中では、過食嘔吐の日々が辛くて辛くて仕方なくて、助けを求めに行ったのに、結局
「自分の弱さが悪い」
「あなたの症状なんてまだ大したことない」
的な事をゆわれただけでした。
すごく絶望して、より自分を責めるようになって、余計ひどくなったのを覚えています。
それ以来、病院に行くのが怖くなりました。
精神科の先生はカウンセラーではないということです。
上記のような人に医学的の投薬などをしているだけなんですね。
治療は間違ったところに行くと逆にひどくなります。
もしカウンセリングに行くのであれば、慎重に選びましょう。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。