本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 50代~

命にかかわる合併症を患っても、過食嘔吐は止まりませんでした。

女性 主婦 50歳 O型

過食嘔吐による身体への負担は、大変なものです。
過食嘔吐の行為が辛く苦しいことがわかっていてもやめられません。食べたい欲求、嘔吐しないといられない気持ちは、矛盾していると思われるかもしれませんが、やめられません。
胃酸の影響で、虫歯も増え、奥歯は殆どの歯の神経をとり、折れた歯はブリッジという状態で治療しています。
前歯の差し歯もよく取れてしまい、治してもらう時も自己嫌悪に陥ります。
現在は、背中や腰など身体中が痛く、食事の飲み込む時の違和感は、逆流性食道炎の影響でもあります。
咽頭部を嘔吐する時に傷つけて大量出血したことも、何回もあります。
痛くても食べたい欲求が抑えられず、胃薬や炎症剤、鎮痛剤などに頼りながらも、過食嘔吐がやめられません。
肺にも負担がかかって気胸にもなりました。肺に直接管を通す治療は、とても辛いものです。
下剤の大量服用も、胃腸にはもちろんダメージが大きく、胃炎の症状や、大腸ポリープでは手術と入院が必要となりました。

センターの存在を知り、自分と同じように苦しんでいる人がこんなにたくさんいるのだと知りました。
多い時は、1日10回も嘔吐してしまい、上手く吐けた時にはスッキリしますが、必ず鬱々とした気分ですごしています。
身体はとても疲れているのに、夜寝る前には安定剤を服用しないと眠れない状態です。

このように、過食嘔吐の合併症によって命を落とす危険がかなり高いことがわかっていてもやめられず、自分を責めます。

今は、家事も疎かで食事も作れなくなり、家族にも出来合いの惣菜を購入してきたり、まともな生活を送ることができていません。
家族の幸せを思うと、一刻も早く治したいです。

センターに出会い、このような自分にも未来の生活の希望が湧いてきました。
少しずつですが、前向きな自分がいることに気づくことができました。

過食のみ16年。体重は80kgを超えました。

女性 会社員 50歳 O型

自分がもしかして摂食障害かも、とたまに思った事はありましたが、本当に摂食障害だったことを今になって知りました。

摂食障害が難病に指定されているという事も、初めて知りました。

過食症歴16年だと思います。ひょっとしたらもっと前に始まっていたかもしれません。
でも、頭がカーっとなってドカ食いし出したのは16年前だと思います。

元は163cm45kg痩せ型でした。
細いねと誰からも言われて羨ましがられ、どんな服も似合ってたのに、まさか自分が80kg超えてしまうなんて想像もしませんでした。

入るとしたら3L4Lの大きいサイズ、お洒落よりも少しでも痩せて見える服、入る服、と探すようになりました。

痩せてた時は結構チヤホヤされたので、太り出して本当に辛い日々を送っていました。
絶対に前みたいに痩せてやる、といつも思っていました。

何度か10kg位の減量をしたことがあります。
置換えダイエットや炭水化物抜きダイエットなど。
何度か成功してるので、太ってもまたあの方法なら痩せられると思って安心して過食しました。

そのようなダイエットの繰り返しで、いつも食べ物のことばかり考える脳になってしまったようです。
いつもダイエットして痩せたいと思ってるのに、頭の中は食べる事ばかり。
摂食障害とは本当に恐ろしい病気です。

体型のことばかり書きましたが、見かけだけでなく食費も今まで莫大にかかっていたんだろうなと思います。
太り過ぎで膝痛が出てきたり健康診断でもたくさんの項目でひっかかったり。

なんとか食欲と戦って朝昼は少食にしても、夜は我慢出来ずドカ食いするパターンが増えて、情けなく泣きたくなる日々でした。

ギリギリの状態でなんとかたどり着きました・・・。

50代で過食嘔吐。

過食症は若い人だけがかかる病気だと思っていませんか?
ある程度の年齢を重ねれば自然と治ると思っていませんか?

それは全く違います。

過食症は比較的若い年齢で発症しやすい病気ではありますが、
時間とともに自然と治る病気ではありません。

センターには50歳を越えた人の相談メールも多数来ます。

20代、30代の人は過食症を甘く見がちです。
50代になって、事の重大さに気付いても、失った時間は取り戻せません。

*——* *——* *——* *——* *——*

女性 会社員 51歳 O型 北海道

今日で4回目の相談を受けました。
今のところ過食嘔吐はピタリと止まっています。
心穏やかですし過食をしたいともおもわないのです。
でもどうでしょう 28年も続いてきたことが簡単に止まっているのです。
まるでいままでのことが嘘のように・・またあの感情が突然やってきたらどうしよう。

今過食は止まっているものの・・嘘でも錯覚でもない、私が28年やってきた過食。
1日1000円、1カ月31000円、1年370000円、28年10360000円
逃げていましたこの数字からもストレスからも。1千万円何度も何度も数えました。驚愕の数字です。現実なのですね。涙が出てきました 何かが サーっとひいていきました。
もう二度と戻りたくない。でも熱しやすく冷めやすい私・・大丈夫だろうか

むくんだ顔、においのする指、尿意もなく出ても少し、動悸、トイレットペーパーもすぐなくなる。いくらあっても足りることのないお米、吐いているくせにお米にこだわり、出来合いのものから時間をかけて作ったものお構いなしに食べつくす。

今は心から一日一日大切にしたいと思えています
過食嘔吐をしていたときは思えなかったのです。こんな年齢になって気づけました。
41才の時にこの相談センターに電話をかけていたら 今この苦しみの51才をむかえていなかったでしょう。どうか勇気をだして電話をかけてみてください。
長くなってすみません。