本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 30代

脂肪に苛立ち、子供に八つ当たり

女性 会社員 34歳 A型 広島県

摂食障害になって、色々変わりました。
友達と遊ぶ事がなくなった。体のラインを見られたくなくてオシャレをする事もなくなった。頭の中は常に食の事ばかりで他の事はどうでも良くなり、掃除すらしなくなった。食の事ばかりだから、何も楽しめなくなった。仕事をしていても子供といても何をしていても常に頭の中は食の事ばかり。辛い。しんどい。

やりたくないのにしてしまった過食。翌日は後悔と自己嫌悪。鬱状態になり仕事もはかどらず、子供に余裕を持って接する事ができずに八つ当たり。増える体重、脂肪に苛立ち、焦りばかりで自分にも余裕がなくなり悪循環。
毎回毎回、もうしない!したくない!これで止める!
…何度思い、誓い、破ってきたか。

私がこんなだから子供が約束を破っても、表上では叱るけど、私には言う資格ないと実感している。
過食は負のループ。分かっているのに抜け出せない。とても怖くて、恐怖でしかない。
だって、過食している時の自分は自分じゃない、もう1人の違う自分が出て来る。
”過食”という悪魔に囁かれて流された自分。
食べたい食べたいしかない愚かな自分。

たくさんの大切なものを失ってしまう過食症

女性 会社員 35歳 O型 埼玉県

18歳の頃、初めて彼氏が出来ました。恐らくその頃からだったと思います。
今まで成功したことのなかったダイエットが成功したかな見えたのは…

幼い頃から太っていることでいじめられたりすることも少なくなかった私ですが、はたから見れば、何を言っても傷付かないような明るい子供だった、そう装ってた自分がいました。本当は人から言われること、人の思っていること…普通の子より敏感に感じ取っていたはずでした。それは愛されたい、ただその一心だったように思えます。嫌われたくない、そんな気持ちから自分の本当の気持ちを表に出すのが怖くなっていたのだと思います。

中学生の頃から、心に問題は抱えていました。リストカットもその頃からしていました。嘔吐はなかったにしても、過食の症状は少なからずありました。
18歳、痩せると色々なことが変わりました。
好きな服が着れる、褒められる、彼氏ができる…プラスなことがたくさんありました。
太ることは今後あり得ないと思いました。

痩せて、まずは脈が少なくなりました。
やる気や気力がなくなり、ぼーっとすることも多くなりました。

母が心配し、循環器内科や色々な病院へ行き、色々な検査をしました。しかし、どこへ行っても原因不明。
症状が酷くなるにつれ、最初は心配していた母も、軽蔑するようになりました。
意志が弱いだけと…父や兄には理解はなく、居場所がなくなった私は家を出ました。それから水商売を始めました。痩せているからお客さんからチヤホヤされ、それが心地よかったのかもしれません。そこでお酒を覚えました。男に依存するような時期もありました。

幸い数人の親友とは今でも付き合いはありますが、人との関わりを絶った時期があり、多くの友達を失いました。それと同時に、人を大事にする心も失った気がします。人を信用したら頼ったり…それが今も出来ずにいます。仕事もながく続かず、それが仇になり、今も転職活動がうまくいきません。何より自信がありません。自分に何ができるのか、また過食に翻弄され、逃げ出したくなるのではないか怖くてたまりません。

失ったものは、友達や大切な時間、青春、親や親戚との関係。一番リアルなのはお金です。1日1万円使うことも少なくありません。それが18年…考えただけで恐ろしいです。万引きこそ経験はありませんが、それに近い感情がないわけではありません。むしろあって抑えるのがやっとなくらいです。お金を稼ぐために風俗でも働きました。この病気になって、失ったものしかありません。自分の本当の気持ちすらもうよくわからなくなってしまっています。これが最後のチャンスという気持ちで、今回は本気で治したいと強く思っています。

私の過食がどうやって増えたか

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

◎増えた経緯◎
1年前、知人の一人もいない土地へ引っ越しました。新しく仕事をはじめて、慣れない土地・仕事ながら最初は楽しく新生活を満喫していました。ところが、男性からはセクハラを受け、女性からは動機は不明ですが陰湿な嫌がらせを受けるようになり、だんだんと心を閉ざすようになっていきました。誰にも相談も愚痴も弱音もしないで、日常会話すらしないように務めて、業務上必要なことだけ話す1年間。たまに、前に居たところの友達と会ったり連絡はしていたものの、あんなに話さず、笑わず、人の目も見ない(怖くて見ることができない)1年間はありませんでした。

◎発症当時の意識◎
当初は、「ストレス発散のためのバカ食い」程度の意識でした。寂しさから甘いものが欲しくなり、仕事後にコンビニでチョコ菓子を買う。甘いのとしょっぱいのをセットで食べると飽きないからという理由でしょっぱいものも一緒に買う。
食べるとスッキリした気がして、「これは自分への愛、優しさで励ましだ」くらいに思っていました。
月に2~3回だったバカ食いは、週3くらいのペースになり、そうなると、すこしぷっくりしたため中断。見た目をもとに戻して、またバカ食いをして、だんだんそれが習慣になっていきました。

発症当初は食べるとスッキリしていたのに、だんだんと罪悪感・後悔の念を感じるようになり、買いにでかけるか止めるかを1時間くらい悩んだあと出掛けて(悩んでいる間は床に座って全く動かない状態。)、食べたあと罪悪感で動けない時間が30分~1時間。
ぴかぴかだった肌も荒れ、常にできものがあるようになり、また過食をやめて、でも再発する。ということを1年繰り返していました。

発症時、月2~3回だった過食は、1年後には1日4回程度に増えていました。

それでも自分が「摂食障害」だということは気づかず、止められるはずなのに止められない自分の意思の弱さをひたすら責めていました。

食べ過ぎでやめられないことを不思議に思いインターネットで検索しても、「摂食障害」という単語は出てきませんでした。

食欲を押さえるコツ意識を強くもつコツを検索したので「歯磨きする」等の情報とは出会えましたが、そんなものでは止められず、ただ自分の意思の弱さを責めていました。
「摂食障害」という単語は、本当にたまたま、病気とは何も関係のないサイトで見かけて。気になり調べて、自覚して、こちらのセンターさんと出会えました。