本当はこわい。過食症と過食嘔吐ブログ » 20代

本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる匿名相談」も行っています。

*

カテゴリ : 20代

過酷な職場で過食嘔吐が悪化

女性 主婦 25歳 A型

摂食障害になって10年ぐらいたちました。
初めて出たのは高校生の頃、親元を離れて一時的に止まりました。

働き始めて4年目、環境にも恵まれ、責任のある仕事も任せてもらいました。
充実した毎日を送っていた矢先、刑事事件の被害者になり、尊敬していた職場の方にも迷惑をかけ、白い目で見られ、煙たがれるようになりました。

仕事が終わったあと上司に辞職したいと泣いて訴えたけど、上司の意向(噂では上司の評価が下がるから)で辞職できませんでした。仕事だけでもしっかりしなければと思い 前向きな気持ちを持っていたつもりでしたが、ストレスが身体に出てきて、前髪がはげて、人間不信、血尿、食欲不振、拒食、過食嘔吐になりました。

周りの人は私が過食嘔吐している事知らず、ふさぎ込んで、痩せて、目付きがキツくてなっている私を職場の方達は同情していたと思います。

そんな中、夫からプロポーズされ、寿退社という形でその職場から離れることが出来ました。

当時、そんな自分が嫌いで、強がって平気なふりをしていましたが、辛くて悔しい気持ちでいっぱいだったと思います。
結果、もっと注目されたいから病的な身体になろう、辛い気持ちを過食嘔吐でなんとかしようと思っていたかもしれません。

結婚したあとも、妊娠、出産、子育て中も過食嘔吐が一時的に治ったと思ったら再発、前は過食嘔吐してもなんとかなるだろうと思っていましたが、ここに相談して日に日に過食嘔吐が恐ろしいという認識が強くなってきました。

今は過食嘔吐を止めたい、過食衝動をどうにかして無くしたいですが、また再発したらどうしよう、もうあの時の気持ちは思い出したく無いという弱い気持ちも持っています。

発症して1年。失ったものは、自信と意欲と貴重な時間

女性 会社員 26歳 O型 東京都

ダイエットをきっかけに吐かない過食症を患って1年が経ちました。
初めの方の過食は週に1回程度だったのが、回数はどんどん増え、気づけばほぼ毎日。太っていくのが恐くて毎日が不安で、自分はなんて意志が弱いんだろう、痩せている人は食欲なんて理性で押さえ込んでいるはずだ、と自分を責めました。後に自分が過食症という病気であることに気づき、その考えは改めましたが…。

摂食障害になってわたしが失ったものは、自信と物事に対しての意欲、貴重な時間です。
我を忘れて片っぱしからものを食べていく自分の姿は絶対に誰にも見られたくないし、その度に自分が後ろめたいことをしているような気持ちになります。仲の良い友人と表面上は楽しく話していても、誰もわたしが過食していることは知りません。まるで自分が隠れていけないことをしているようで、自信がなくなり、孤独感は増していきました。
また、たくさん食べた後は束の間の幸福感で何もかも忘れられます。同時に食べること以外に対して意欲がなくなり、好きな趣味ですらやる気が起こらず、その日1日を無駄に過ごしてしまいます。そんな日は誰かと会っても明るく振る舞うのすら億劫に感じてしまうのです。
思考力や判断力もにぶり、ぼうっと過ごすことが増えました。

もし過食症を患っていなければ、食べていた時間、無気力でいた時間をもっと他のことに回せていたのではないか。色々な場所に行ったり誰かと新しい物事に取り組んだり、充実した日々を過ごせていたのではないか。相談を受けて自分を客観視したことで、そんな風に考えるようになりました。

何度も抜け出そうとしたけれど、ふとした拍子に出てきてしまう過食衝動。時間がかかったとしても絶対に治して、失ったものを取り戻したいです。

摂食障害の私が母親になって良かったのだろうか。

女性 主婦 27歳 A型 東京都

結婚出産を経て現在に至りますが、一旦軽減していた症状も、妊娠期の悪阻をきっかけに嘔吐することが増え、産後も授乳にともなって食欲が増して過食嘔吐に拍車がかかりました。娘はどんどん大きくなってだんだん物事がわかり始めていると思います。
摂食障害になって周りの友達が経験する辛さや大変さ以上に、自分が大変だったことを客観しした今通感しています。お腹の中の赤ちゃんに対する罪悪感。増え続ける体重と大きくなるお腹への恐怖感。命に対する責任。出産後の子育てに対する恐怖感(世代間連鎖ということを私は知っていました)。

周りの妊婦友達は命に対する喜びばかり実感しているのを横目に、なぜ自分は素直にこの子の命にたいして喜べないのだろう。なんてひどい母親なのだろう。生まれてからも、普通の子に、ちゃんと育てていけるのだろうか。私なんかが母親になって大丈夫なのだろうか。それしか頭にありませんでした。今も、その恐怖と隣り合わせで毎日過ごしています。
治療も今まで受けてきましたが、誰も助けてはくれません。医療従事者であっても、適切な対応をしてくれる信頼できる大人に出会えなかった、と当時の私は思っていました。誰も助けてくれないなら、自分がなんとかするしかない。
でも、本来そうなのかもしれません。自分自身が本気で治りたいと思わない限り、誰も治してくれはしないし、治らないのかな。と最近思っています。

ただ、一人の力では絶対に治せないことだけは明らかです。
時間。お金。人生。大切な人。失ってきたものが多すぎて、私の人生はいったい何だったんだろう。摂食障害にならなければ180度違う未来があったのかもしれない。と何度思ったことか。
でもそんな私の周りには素敵な家族や友人がいます。これからその人たちを失いたくないし、大事にしていきたい。失ってはいけないと思います。
負けずに戦いたいです。
そしてこれから先の未来は、明るいものだと信じて進みたいです。