本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 10代

人には話せない

過食症の方は、周りに助けを求めず一人でがんばってしまう傾向があります。

過食症という病気に対しても、一人で抱え込んでしまう人が多いのです。

一人で何とかできるものではないことを理解し、専門家に相談してください。

(以下相談者の体験談)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 19歳 大阪府

過食症になってよかったことなんて、何一つありませんでした。
もともと体型や体重のことを常々気にしてしまう傾向があったのだけれど、何がきっかけでこれほどまでに食べ物に執着するようになったのか・・・
もうそれさえよく分かりません。
ただの食べ過ぎではなく、自分が「過食症」という病気だと知っても、
やめたい、やめたい、という気持ちだけが空回りして、
一向によくなることはありませんでした。
それどころか、発症して約1年ですでに量・回数ともに重傷化する経年増加が出ています。
恐ろしいことです。
このペースで増え続けていったらどんなに暗い将来が待っていることでしょう。
病気と向き合わなければならないのに、一人で闘っていくのかと思うと、とてもとてもつらかったです。
どうしてみんなふつうに生活できているのか、それが信じられなくなりました。
友達がお菓子を買って食べているのを見ても、衝動が襲ってきたらどうしよう…そんなことばかり不安でした。
本当は一緒に美味しいものを食べたいのに、どうせ家に帰ったらまた過食してしまう。
ここでお金を使うのを我慢しなくちゃ、という義務感のようなものもありました。
今まで認めたくなかったけど、私は寂しがりやみたいです。大学生になって、一人暮らしを始めただけでも寂しさやストレスになることがたくさんあったのに、過食を繰り返して、さらにストレスの原因を増やしていました。
でも、親や友人には絶対に話せないと思いました。
今までの行動や発言からしても、理解してもらえないだろうと思ってしからです。
嘘をついてきたわけではないけれど、本当のことを話していたわけでもなく、いつもどこか上の空でした。
この異常な思考回路から抜け出したいです。
他にやらなくちゃいけないことがたくさんあるはずです。
義務感で自分を追い立てるのではなく、自然に行動にうつしたいのです。

過食と拒食を繰り返し、リバウンドしやすい身体になった

女性 無職 石川県
わたしは過食症になって約1年です。
全ての始まりは高3のとき…
ダイエットと人間関係のストレスで拒食症になりました。
ガリガリに痩せて体力もないし精神的に不安定で
入院もしました。
卒業してから自動車学校に通い始めました。
ガリガリなのに難しいMTに乗り、周りの人にも交わる
ことができずに凄く孤独を感じ不安定でした。
精神的な部分と慣れない運転での疲れからか今まで
避けていたコンビニで菓子パンを何個も買って
食べてしまいました。
そのあとは罪悪感に襲われ悩みました。
だんだんと自動車学校にも行かなくなりました。
また過食することが怖かったのです。
それからはご飯1合とか食べたり、
冷蔵庫の中を漁ったり…家族に迷惑をかけました。
食べたいから祖父の家に行って買ってもらったりして
とても意地汚かったです…
体重は2週間で4キロ増という早さでしたが、
周りは今まで食べてなかったから…というくらいにしか
考えていませんでした。
つい最近までは過食→太る→食事制限→軽く拒食→
ストレス→過食の繰り返しです。
だからちょっと痩せても短期間でリバウンドして
しまいます。過食ってこわいです。

過食症・下剤乱用の経年増加

女性 学生
私は最初軽い気持ちで下剤を使い始めました。
絶対私ならすぐ止められるから大丈夫って思ってたけど
考えが甘かったです。
下剤の量は1年で70錠まで多くなって、もう毎日の
生活必需品みたいになってしまいました。