本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

さびしいから食べてる。穴が開いている心

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

自分がこの病気だと認識したのが最近なので、いつからこの病気なのか分かりません。
お菓子をつまむことは普通のひとにもあることだし、じぶんの「食」がどこまで正常でどこから異常なのか分かりないからです。ただ、「おかしい」とはっきり認識したのは去年。

孤独感から、コンビニスナックを3晩連続で4~5袋(箱)食べたとき。翌朝胃がべったりと張り付いているような不快感があったのに、止められずに食べている自分に「からだの不調を無視して食べるなんてなんか変」と感じました。
インターネットでたまたま「摂食障害」という言葉を見つけて、気になり調べて、自分はその病気ではないかと思って怖くなりました。

もともとカフェ通い(外食)が好きで、多いときは月に2万円~3万円以上使っていました。(食事なので、過食なのかわかりません。)いま訳あって仕事をしておらず、お金をかなり節約していますが、食べ物への出費を押さえられたらもっと本当にじぶんのこころが喜ぶことに使えるのに…。といつも思います。

寂しいから、食べるんだと思います。母が太っていて、本人に自覚はないけどこの病気ではないかと思います。母が憎かったです。でも、それももうやめたいです。自己責任で生きたい。食べたあとの罪悪感。自尊心をじぶんで傷つけることが1番嫌です。この苦しみから解き放たれて、自分を許して、本当の意味で愛したい。だから過食していても、OKを出してあげたいけど、なかなか難しいジレンマがあります。
どんな自分も受け入れられるようになりたいです。愛をもらっても、こころに穴が空いていたら貯まらない。人からもらっても、自分からもらっても、穴があるといつまでも貯まらない。だから、過去傷ついたことを見つめて、穴を直してあげることをしたいです。普通の生活ができなくなるなんていやです。生きてるけど、苦しみしかないなんてそんな世界は嫌だ。センターと出会えたことをきっかけに、治したいし治りたいです。