本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

摂食障害による体への影響

女性 主婦 33歳 A型

摂食障害になって色々困ったことはありましたが、それを簡単に箇条書きにしますと
・身体が動かない、何も出来ない
・身体的な病気になる
・約束が出来なくなる、苦手になる
・普通の一人前では満足できなくなる
・ほどほどの食事が出来なくなる
・家族と同じ食事が出来なくなる
・人が出来ていることが出来ないことに劣等感を感じる
・同じく過去の自分への劣等感を感じる
・焦りと落ち込みの無限ループ(悪化の螺旋状)
・痩せていた時の人に会えない

などのことです。
多分この病気の方に共通したことだと自覚しています。
中でも10年以上になると精神的症状より肉体的症状の方が辛くなってきました。
身体的な病気は、私は糖尿にはなってはいませんが食物アレルギーになりました。
バケツの水が溢れるように特定の物を食べ続けているとなることがあるみたいです。

それに対して自分がどうなりたいのかというと

・食べても寝込まない身体
・普通の量を普通に食べて満足が出来るようになる
・家族と同じ食事をとることが出来るようになる

どうしても目先の体型の事を考えてしまうこともあるのですが、
最終的に考えるとこの3つかな、と。
一生生きている限りこの病気と付き合わなければならないかなと思っていましたが、頑張って治せるように努力したいと思っています。