本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

過食をしない普通の人間になりたいです

女性 主婦 34歳 B型 東京都

私のこの病気の始まりは、今から10年前の23歳の時でした。
社会人になって、アパレル業界に勤め、体のラインを気にするようになったのがダイエットの始まりでした。

性格の問題なのか、決めたことをキチンとやらないと気が済まない事もあり、夕食を抜き、毎日体重計に乗り、半身浴をする事でみるみる痩せて行くことができました、周りからも「綺麗になったね、痩せたね、羨ましい」などと言われ、その言葉にとても喜びました、もっと痩せたいと思うようになり、当時52キロあった体重は42キロまで落ちました、

勿論生理も止まってしまいましたが、当時の私は生理が来なくても痩せていたい気持ちに支配されていました。
しかし、42キロからは落とす事が出来ず、食べたいものを我慢してるのに、痩せれないストレス、1日1時間ぐらいの半身浴をしても何故痩せれないのかと、どんどんストレスが増え、それが過食につながりました、過食でプラスになった分、翌日は絶食にし、半身浴は2時間、3時間と増やし体重をキープすることが多くなりました。

過食してる時は食べる幸せで満たされますが、その後、後悔と自己嫌悪が襲ってきます、増えてしまった分を落とす為に、泣きながら半身浴をしていた事もありました。過食をして膨らんだお腹を自分で殴るよぅな事もありました。食べたいのに、太りたくないという矛盾の太る恐怖がありました。

その内に、過食が頻度が増え、体重キープをするのが身心ともに難しくなり、太った自分を受け入れたくない気持ち、周りに太った自分を見られたくない気持ちが頭を支配し、仕事を辞め、引きこもりました。過食が抑えきれず、一日中食べている生活になってしまったので、体重は一気に増えました。

その後、家族の支えもあり、なんとか社会復帰ができました、
しかし、社会人にもどると体型が気になり、ダイエットをしよう言う気持ちになりました。
ただ、引きこもりになった時と同じではなく、無理なくウォーキングと食事制限をしようとやり方をかえました。
しかし、夕食は抜き、朝と夜に1時間のウォーキングを毎日取り入れ1日のカロリーは大体800前後と言うものでした。
このダイエットを今まで続けて来ましたが、前回と同様、我慢しているぶん休みの日に過食をして、その後5時間~8時間ウォーキングをすると言う生活になってしまいました。休みの日の予定は過食して歩くと言う体が悲鳴をあげるよぅな休日です。
最近、結婚をする事が出来ました、私を選んでくれた旦那様の為にもこんな生活から抜け出したいです。

旦那様の為に夕食を作るのに、自分は食べれずウォーキングをする、そのため疲れてしまって夫婦の時間を満足に旦那様に作ってあげれていません。夕食は太るからと、旦那様の友人のお誘いもお断りをしたり、親戚付き合いも私は行かなかったり、参加したら過食を止められない、その後に後悔、自己嫌悪がくるからと、本当は参加したいのに我慢しなければならないこの生活に疲れています。
みんなで普通に食事を楽しめる、普通の人間になりたいです。