本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

体重、ダイエット、カロリーに縛られ続ける人生

女性 無職 29歳 O型 和歌山県

きっかけは当時付き合っていた彼氏の一言でした。
彼氏が細い人で、ちょっと太った私にお肉付いて来たね。と言った事からダイエットをしました。
カロリー制限、運動をしてダイエットをしていたのですが、神経質なので多分もうこの時には拒食だったと今では思っています。

ダイエットをしていた私ですが、彼氏と喧嘩した時に、デブ!と罵られ拒食になり、8kg痩せました。
それから彼氏と別れて、新しい仕事に就き(飲食)普通に食事出来ていました。
でも飲食業に就いたのが間違いでした。
新作を食べたり、売れ残った物を食べたりで5kgも太りました。
一緒に働いている人は細いのに。
それでまたダイエットを始めました。
仕事で食べるのは仕方ないので、仕事が終わってから食べないでいようと思いました。

最初は元の体重に戻す事が目標でした。
ネットでゼロカロリーの物を買い漁ったり、カロリー制限、運動をまた始めました。
でも甘い物が食べたい!となって近くのスーパーに行ってしまったんです。
沢山食べたい物を買って、それを目の前にどうしようと悩みました。
その時に食べても吐いたら良いのじゃないか?と思ってネットで吐き方を調べました。

最初は苦労しました。
吐きやすい物、吐きにくい物。
食べたい物が甘い物だったのでまだ当時は良かったです。
今では吐きにくいとされる物まで食べたい衝動になります。
そして今は食べたい物がわからないのにスーパーで見切り品になる時間に行って食べたくもない物を買い漁ってまで食べて吐きます。
味も良くわからないのに食べるのを止めれません。
吐きたいが為に食べてる時もあります。
1日に何度も体重計に乗り、一喜一憂。
そして家族にバレました。
病院に連れて行かれました。
でも治す気はない!と言って母親は呆れていました。
それからは家族にバレたからもう良いや!と思って開き直って過食嘔吐していました。

母親は口を聞かず、同じ家にいるのに顔も合わさない日もありました。
吐いても体重が戻らなかったりしたら八つ当たりをしたり。
母親もストレスでかなり疲れていたと思います。
そして私も一体自分は何キロになりたいのかわからなくなりました。
目標体重より5kg以上下回っているのに。
椅子に長時間座る事も痛くなり、立ち眩み、脱力感、痺れがあります。
でも食べて吐くのが日常の一部なので止めれません。
食べる事は吐く事。
もう食べたくない、吐くのが面倒臭いと思って明日から過食嘔吐しない!と思っても暫くすると明日は何を食べて吐こうか考えてしまうんです。