本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

摂食障害の怖さ、大変さ、辛さ

女性 学生 19歳 A型 山口県

最初は高校1年生(15歳)のころ、普通食嘔吐から始まりました。

直接的な原因はわかりません。
でも、中学生のころから自分の体形が気になり始めていたことも、少なからず影響していたと今では思います。

その後、嘔吐が親に知られたこともあり、吐くのが嫌でだんだん食べる量が減少して拒食になりました。
全く食べないわけではありませんでしたが、身長152㎝で42㎏あった体重は32㎏まで減りました。拒食の間も、ときどき嘔吐はしていました。

高校生で、受験勉強が大変だったこともあり、心配してくれる母親や妹に八つ当たりばかりしていました。

母親との関係が悪くなったのと、勉強部屋が欲しかったこともあり、高校3年生から祖母の家で生活するようになりました。
その時も母親は毎朝お弁当を届けてくれたり、通院にも協力してくれました。
病院での治療、カウンセリングや祖母が作ってくれる健康的な食事のおかげで、食べる量は徐々に増えました。
しかし嘔吐はやめられず、だんだん過食嘔吐をするようになりました。

受験が終わって母親との関係も改善し、表面上は摂食障害は治ったということになりましたが、ときどき過食嘔吐をしていました。
大学に入学して一人暮らしを始めると、家族の目がないこともあって、徐々に過食嘔吐がひどくなって、今に至っています。(長文ごめんなさい)

摂食障害の怖さ、大変さ、辛さ
・家族との関係が悪くなったこと
・成長期に拒食になって身長が伸びなかったこと、初経が来ていないこと
・好きなことが満足にできなかったこと
・嘔吐で歯が脆くなったこと
・自分が嫌いになったこと
・友達が少ないこと
・過食費がかかること
・勉強に集中できない時があること
・嘔吐が怖くて部活のご飯に行けないこと
・将来医療従事者を目指している自分が摂食障害であることに矛盾や罪悪感を感じること
・ダイエットしたくてもできないこと、キレイになれないこと